ディラック 量子力学 原書第4版 改訂版

量子力学の世界的に著名な教科書.旧版刊行後になされた改訂部分を新たに訳し,かつ旧漢字を新漢字に改めるなど全面的に組み直した.

ディラック 量子力学 原書第4版 改訂版
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 朝永 振一郎 , 玉木 英彦 , 木庭 二郎 , 大塚 益比古 , 伊藤 大介
ジャンル 書籍 > 自然科学書 > 物理学
刊行日 2017/11/07
ISBN 9784000061513
Cコード 3042
体裁 A5 ・ 上製 ・ カバー ・ 472頁
定価 本体7,800円+税
在庫 在庫僅少
量子力学の創設者であるディラックが著した世界的に著名な教科書.訳者らもまた朝永をはじめ一線の研究者たちである.本書は,原書第4版の刊行後になされた改訂部分を新たに訳し,かつ旧漢字を新漢字に改めるなど全面的に組み直した新版.原書にはない日本語旧版に含まれる「付録」,および定評ある「訳者の注」も収録した.
訳者のまえがき
第4版への序文
第3版のまえがきから
第2版のまえがきから
第1版のまえがきから

I 重ね合わせの原理
 1 量子論の必要
 2 光子のかたより
 3 光子の干渉
 4 重ね合わせと不確定の性質
 5 重ね合わせの原理の数学的な定式化
 6 ブラ・ベクトルとケット・ベクトル

II 力学変数とオブザーバブル
 7 1次演算子
 8 共役の関係
 9 固有値と固有ベクトル
 10 オブザーバブル
 11 オブザーバブルの関数
 12 一般の物理的な解釈
 13 交換できる性質と両立できる性質

III 表 示
 14 基礎ベクトル
 15 δ関数
 16 基礎ベクトルのいろいろな性質
 17 1次演算子の表示
 18 確率振幅
 19 オブザーバブルの関数についての定理
 20 記号の拡張

IV 量子条件
 21 ポアッソンの括弧
 22 シュレーディンガーの表示
 23 運動量による表示
 24 ハイゼンベルクの不確定性の原理
 25 ずれの演算子
 26 ユニタリー変換

V 運動方程式
 27 シュレーディンガーの形の運動方程式
 28 ハイゼンベルクの形の運動方程式
 29 定常状態
 30 自由な粒子
 31 波束の運動
 32 作用原理
 33 ギッブスの集合

VI やさしい応用
 34 調和振動子
 35 角運動量
 36 角運動量の性質
 37 電子のスピン
 38 中心力の場の中の運動
 39 水素原子のエネルギー準位
 40 選択の規則
 41 水素原子のゼーマン効果

VII 摂動論
 42 一般的な注意
 43 摂動によって生じたエネルギー準位の変化
 44 遷移の原因と考えた摂動
 45 輻射への応用
 46 時間に無関係な摂動による遷移
 47 異常ゼーマン効果

VIII 衝突の問題
 48 一般の注意
 49 散乱の係数
 50 運動量による表示を用いた解
 51 分散散乱
 52 共鳴散乱
 53 放出と吸収

IX 同じ種類の粒子をいくつか含む体系
 54 対称な状態と反対称な状態
 55 力学変数としての置換
 56 運動の定数としての置換
 57 エネルギー準位の決定
 58 電子への応用

X 輻射の理論
 59 ボソンの集まり
 60 ボソンと振動子とを結びつける関係
 61 ボソンの放出と吸収
 62 光子への応用
 63 光子と原子との間の相互作用のエネルギー
 64 輻射の放出,吸収,および散乱
 65 フェルミオンの集まり

XI 電子の相対論的な理論
 66 1個の粒子の相対論的な取り扱い
 67 電子に対する波動方程式
 68 ローレンツ変換の際の不変性
 69 1個の自由な電子の運動
 70 スピンの存在
 71 極座標に移ること
 72 水素のエネルギー準位の微細構造
 73 陽電子の理論

XII 量子電気力学
 74 物質が存在しない場合の電磁場
 75 量子条件の相対論的な形
 76 一つの時刻における力学変数
 77 付加条件
 78 電子および陽電子自身について
 79 相互作用
 80 物理的変数
 81 解 釈
 82 応 用

付録 近似的な解き方
 i 一般論
 ii ハートリーの方法
 iii フォックの方法
 iv 密度行列の方法

訳者の注
索 引
ページトップへ戻る