アメリカ 暴力の世紀

第二次大戦以降の戦争とテロ

『敗北を抱きしめて』の著者が取り組むあらたなテーマ.テロなどの不安定の連鎖拡大の現状について,簡潔かつ深く洞察する待望の書.

アメリカ 暴力の世紀
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 ジョン・W.ダワー , 田中 利幸
ジャンル 書籍 > 単行本 > 政治
刊行日 2017/11/14
ISBN 9784000220996
Cコード 0031
体裁 四六 ・ 上製 ・ カバー ・ 224頁
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
第二次大戦および冷戦の覇者,アメリカ.そのアメリカは,どのような経緯で現在の世界の混沌を生み出してしまったのか.『敗北を抱きしめて』の著者があらたに取り組む,アメリカの暴力の歴史.軍事をめぐる歴史と,テロなどの不安定の連鎖拡大の現状について,簡潔に,かつ深く洞察した待望の書.トランプ時代を危惧する日本語版序文を付す.
日本語版への序文
はじめに

第1章 暴力の測定
第2章 第二次世界大戦の遺物
第3章 冷戦期における核の恐怖
第4章 冷戦期の戦争
第5章 代理戦争と代行テロ
第6章 世界の旧体制と新体制 一九九〇年代
第7章 9・11事件と「新しいタイプの戦争」
第8章 不安定の連鎖拡大反応
第9章 七五年目の「アメリカの世紀」


訳者あとがき
ジョン・W. ダワー(John W. Dower)
1938年生まれ.日本近代史・日米関係史.マサチューセッツ工科大学名誉教授.著書に『吉田茂とその時代』(中公文庫),『敗北を抱きしめて』『忘却のしかた,記憶のしかた』(いずれも岩波書店),『昭和』(みすず書房)など.

田中利幸(たなか としゆき)
歴史家.元広島市立大学広島平和研究所教授.著書に Hidden Horrors: Japanese War Crimes in World War II( Second Edition, Rowman & Littlefield),『空の戦争史』(講談社現代新書),共著に『原発とヒロシマ』(岩波ブックレット),翻訳書にハワード・ジン『テロリズムと戦争』(大月書店)など.

書評情報

しんぶん赤旗 2018年3月4日
公明新聞 2018年2月26日
聖教新聞 2018年2月10日
日刊ゲンダイ 2018年2月6日号
北海道新聞 2018年2月4日
日本経済新聞 2018年2月3日
読売新聞(朝刊) 2018年1月14日
西日本新聞 2018年1月14日
朝日新聞(朝刊) 2018年1月7日
山形新聞 2018年1月7日
週刊エコノミスト 2018年1月9日号
愛媛新聞 2017年12月24日
秋田魁新報 2017年12月17日
ページトップへ戻る