新刊
これから出る本

夕暮れもとぼけて見れば朝まだき

ノッポさん自伝

人気番組『できるかな』に出演し,子どもたちの心をとらえたのっぽさん.自らの人生をふり返り,八〇歳を過ぎた今の心境を語る.

夕暮れもとぼけて見れば朝まだき
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 高見 のっぽ
ジャンル 書籍 > 単行本 > 評論・エッセイ
刊行日 2017/11/28
ISBN 9784000254274
Cコード 0095
体裁 四六 ・ 上製 ・ カバー ・ 192頁
定価 本体1,600円+税
在庫 未刊・予約受付中
人気番組『できるかな』に出演し,多くの子どもたちの心をとらえたのっぽさんが自らの人生をふり返る.戦前・戦中時代,芸人だった父親の鞄持ちや四年間の失職を経て,偶然にも子ども番組の主役をつかむ.その後も,絶えず新しいことに挑戦して,自らの可能性を切り開いてきた.そして,八〇歳を過ぎた今,何を思うか.多くの大人たちに生きる勇気を与える本.
はじめにってことで……近況報告
竜安寺道の役者長屋
向島の長屋の坊や
戦争が始まった
戦争が終った
鞄持ち
習いごと
悔い改めた鞄持ち
不思議なあと押し
失職四年
芸 名
作詞家
芸談?
仕事が来た!
呪文に乗ってやってきた
閑 話
ノッポさんの秘密 その1
『できるかな』スターパレード
ノッポさんの秘密
あけてびっくり・行李の中
読 書
改心したワタクシ
芸は身を助く
かわいい負けず嫌い
そして最終回
間違えていました
再び近況報告をして……
おわりに  
高見のっぽ(たかみ のっぽ)
1934年生まれ.本名,高見嘉明.1967年から20年以上にわたりNHK教育テレビで放送された『なにしてあそぼう』『できるかな』で一言もしゃべらずに工作を生み出す「ノッポさん」を演じる.同時に高見映として,多数の放送台本,絵本,児童書,エッセイを生み出す.現在も俳優,作家,歌手として幅広く活躍中.1975年,久留島武彦文化賞(日本青少年文化センター),2006年,日本放送協会放送文化賞(NHK),児童文化功労賞(日本児童文芸家協会)受賞.公式HP www.nopposan.jp/
ページトップへ戻る