定本 漱石全集 第14巻

文学論

「F+f」の定式で文学を解剖した大学講義録.漱石流の文章読本,詞華集,創作論としても面白い.

文学論
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンル 書籍 > シリーズ・講座・全集 > 定本 漱石全集
シリーズ 定本 漱石全集
刊行日 2017/11/09
ISBN 9784000928342
Cコード 0393
体裁 四六 ・ 上製 ・ 函入 ・ 784頁
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり
漱石が英国留学生活の大半を捧げ,のちに大学の講義録として形になった本書は,文学を「F+f」(認識的要素+情緒的要素)の定式で解剖した先駆的な文学理論書であると同時に,優れた文章読本,詞華集,創作論,レトリック論,笑い論,人生訓,歴史哲学書でもある.夏目先生が東西の文学を架橋しながら教える「文学とは何か」.
ページトップへ戻る