現代の球関数

カルタン,セルバーグの議論を丁寧に解説

現代の球関数
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 竹内 勝
ジャンル 書籍 > 岩波オンデマンドブックス
刊行日 2017/11/10
ISBN 9784007306945
Cコード 3041
体裁 A5 ・ 並製 ・ 302頁
定価 本体7,100円+税
在庫 オンデマンド制作

※この書籍はオンデマンド出版です。ご注文を頂いてからの製作となるため、お届けまで2~4週間程かかります。ご了承ください。

ルジャンドル,ラプラス以来研究されてきた球関数.20世紀に入ってカルタンは,コンパクト・リー群の表現論の立場からこれ扱い,セルバーグはさらに一般化し応用を広げた.この視点でまとめられた現代的な入門書.
ページトップへ戻る