世界 2017年12月号

特集:「政治の軸」再編の行方――検証 2017年総選挙

世界 2017年12月号
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンル 雑誌 > 世界 > 定期号
刊行日 2017/11/08
■特集:「政治の軸」再編の行方――検証・2017年総選挙

 臨時国会冒頭の解散から1か月足らずのうちに,政治情勢は目まぐるしい展開を見せた.「希望」という名の新党の登場で一時は政権を担ったこともある政党が分裂状態に陥り,野党が分立するなか行われた異例づくしの総選挙.それらの動向に目を奪われているうちに,自公は憲法改正の国会発議に必要な「3分の2」を三たび確保していた.マスメディアは「大勝」と書きたてたが,「大山鳴動,与党微減」(寺島実郎氏)でもあった.その内実も,煽られた北朝鮮危機と,小選挙区制という選挙制度,そして低投票率に支えられた脆いものだった.選挙戦中,政策論議は一向に深まらなかった.700億円もの国費を費やして,この選挙はいったい何だったのか.
 2018年,安倍首相は憲法改正という念願の実現に向け一気に攻勢を強めるとも考えられる.国会が機能し,労働政策や社会保障政策などの熟議や,森友・加計問題の責任追及といったことがきちんとなされるのか.野党第一党として一歩を踏み出した立憲民主党は,政策的な軸を立てられるのか.
 2017年10月総選挙を総括し,「選挙後」を展望する.
┏━━━┓
┃ 特集 ┃「政治の軸」再編の行方――検証 2017年総選挙
┗━━━╋…────────────────────────────────

〈誰が勝ったのか〉
非政治化する時代の政治                    
間宮陽介(京都大学名誉教授)

〈野党の課題〉
「ポスト五五年体制」時代の終焉
吉田 徹(北海道大学)

〈「国民の信任を得る」とは〉
「今のうち解散」が招いた政治的退嬰
柿﨑明二(共同通信)

〈検証〉
「希望」に助けられた安倍自民
北野和希(ジャーナリスト)

〈「命がけの闘い」〉
日本会議,その飽くなき現実主義
二階堂友紀(朝日新聞)

〈「オール沖縄」の行方〉
沖縄の民意を受け止められるか           
当銘寿夫(琉球新報)

〈国政に没頭する知事〉
検証・小池都政――置き去りにされる都政課題           
進藤 兵(都留文科大学)

〈脳力のレッスン188 特別篇〉
日本政治の活路を探る――二〇一七年総選挙解析           
寺島実郎

〈連載〉
片山善博の「日本を診る」(97)――憲法をめぐるマスコミの伝え方を診る           
片山善博(早稲田大学)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〈インタビュー〉
朝鮮半島危機と拉致被害者
蓮池透

〈キャンドル革命と北朝鮮危機〉
“キャンドル”は韓半島の平和をつくり出せるか
白楽晴(『創作と批評』名誉編集人),訳=青柳純一

〈科学と社会〉
サンゴの移植は環境保全措置となり得ない――自然再生に隠された研究者と行政の責任
大久保奈弥(東京経済大学)

〈アンバランスな復興〉
原発事故被害者集団訴訟がめざすもの――三つの地裁判決を受けて
除本理史(大阪市立大学)

〈エコ?〉
電気自動車が〈解〉なのか?
小澤祥司(環境ジャーナリスト)

〈南京事件80年〉
戦争の〈前史〉と〈前夜〉――日中戦争という過ちから何を学ぶべきか                                     
笠原十九司(歴史学者)

思想的課題としての南京事件――堀田善衞『時間』の問いかけ
神子島健(戦後責任研究会)

〈2017ノーベル文学賞〉
人としていかに生きるか――カズオ・イシグロの世界
長谷部恭男(早稲田大学)

カズオ・イシグロのボーダーレスな小説世界――日本発,英国経由,どこでもない場所へ
真野 泰(学習院大学)

〈「日本版フェアユース」とは〉
出版文化と著作権(下)――デジタル化とネットワーク化の進展の中で
吉田大輔(著作権情報センター)

〈新連載〉
軍事化列島 第1回 佐世保――朝鮮情勢に即応する軍事拠点
前田哲男(軍事ジャーナリスト)

〈2017ノーベル平和賞〉
核兵器禁止条約は世界を変える
川崎 哲(ICAN国際運営委員)

〈知識偏重からの脱却〉
対話型鑑賞が拓く知の地平
前屋 毅(フリージャーナリスト)

〈特別寄稿〉
続・韓国行(上)
金石範(作家)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇世界の潮
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇総書記は天下を目指す――第一九回中国共産党大会を終えて
山本秀也

◇韓国公営放送,最後のストライキ
玄武岩

◇カタルーニャ独立問題――地域ナショナリズム噴出の背景
八嶋由香利

◇「住まいの再建」はいま――縮小される原発事故被害者 津波被災者への住宅支援
吉田千亜


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●連載
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●〈周縁〉の「小さなアメリカ」【第3回】
対テロ戦争の文化とムスリムたちの魂
中村 寛(多摩美術大学)

●アパレル興亡【第4回】
黒木 亮(作家)

●私的小豆島名所【その30】
内澤旬子(イラストルポライター)

●神を捨て,神になった男 確定死刑囚・袴田巖【第10回】
――「信じられるもんじゃねぇ」
青柳雄介(ジャーナリスト)

●中国新建築文化論【第8回】
ポストモダニズムの導入――I・M・ペイと香山ホテル
市川紘司(東京藝術大学)

●それぞれの出ウチナー記 海を越えるアイデンティティー【第4話】
――ハワイ豚支援,陰の立役者
三山喬(ジャーナリスト)

●イングリッシュ・レッスン――お試し難民流英語学習伝【18】
やばいのは君で,君のIDじゃない―アイデンティティ・クライシス神話
中村和恵(明治大学)

●メディア批評【第120回】
神保太郎(ジャーナリスト)

●沖縄(シマ)という窓――軍事植民地であることが証明され続ける現実
親川志奈子(オキスタ107共同代表)

●世界論壇月評
朱建栄・竹田いさみ・吉田文彦・石郷岡建

●ドキュメント激動の南北朝鮮(244)
編集部

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○グラビア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○グラビア――公募作品161
わたしとは。―― who I am ――
松田嵩範(カメラマン)

○A SHOT OF THE WORLD

○表紙の言葉
鈴木邦弘(写真家)

○表紙写真= 鈴木邦弘 デザイン= 赤崎正一+ 佐野裕哉

○グラビアについて(公募規定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ページトップへ戻る