物理入門コース 新装版

力学

特に基礎的な現象を取り上げ,各章で物理法則および物理概念と結びついた数学的事項を導入する.

力学
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 戸田 盛和
ジャンル 書籍 > 自然科学書 > 物理学
書籍 > シリーズ・講座・全集 > 物理入門コース 新装版
シリーズ 物理入門コース 新装版
刊行日 2017/12/05
ISBN 9784000298612
Cコード 3342
体裁 A5 ・ 並製 ・ 264頁
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
力学は,自然現象の中から法則を見出す方法や,自然現象を数理的に扱うことを学ぶのに適している.力学では振動,波動などの現象も扱うが,これらは電気振動や電磁波など他の分野の現象や法則を理解する基礎としても大切である.本書は特に基礎的な現象を取り上げ,各章で物理法則および物理概念と結びついた数学的事項を導入する.
物理入門コースについて
はじめに

1 運動
 1-1 空間と時間
 1-2 速度
 1-3 速度の積分

2 運動の法則
 2-1 慣性(運動の第1法則)
 2-2 運動法則(運動の第2法則)
 2-3 作用・反作用の法則(運動の第3法則)
 2-4 運動量と力積

3 運動とエネルギー
 3-1 直線上の運動
 3-2 斜面に沿う運動
 3-3 単振動
 3-4 1次元の運動とエネルギー
 3-5 2次元の運動
 3-6 円運動
 3-7 2つの単振動の組み合わせ
 3-8 仕事と運動エネルギー
 3-9 力のポテンシャルとエネルギーの保存

4 惑星の運動と中心力
 4-1 ケプラーの法則
 4-2 円・楕円・放物線・双曲線
 4-3 中心力と平面極座標
 4-4 ケプラーの法則から太陽の引力を導くこと
 4-5 太陽の引力から惑星の運動を導くこと
 4-6 惑星の位置の時間変化
 4-7 球形の物体によるポテンシャル
 4-8 クーロン力による散乱

5 角運動量
 5-1 角運動量の力のモーメント
 5-2 角運動量ベクトル
 5-3 ベクトル積
 
6 質点系の力学
 6-1 運動量保存の法則
 6-2 2体問題
 6-3 運動エネルギー
 6-4 角運動量

7 剛体の簡単な運動
 7-1 剛体の運動方程式
 7-2 固定軸をもつ剛体の運動
 7-3 剛体の慣性モーメント
 7-4 コマの歳差運動

8 相対運動
 8-1 回転しない座標系
 8-2 重心系と実験室系
 8-3 座標変換
 8-4 回転座標系
 8-5 角速度ベクトル(回転ベクトル)
 8-6 運動座標系に対する運動方程式
 8-7 地球表面近くでの運動

さらに勉強するために
問題略解
索引

 ☆ コーヒー・ブレイク ☆
  デカルトと座標
  ニュートン
  質量
  ガリレイ
  仕事とエネルギーの単位
  コペルニクスとケプラー
  人工衛星
  地球から脱出するには
  永久機関
  潮汐と地球の自転
  猫の宙返り
  低気圧
戸田盛和(とだ もりかず)
1917‒2010年.東京生まれ.1940年東京大学理学部物理学科卒業.東京教育大学教授,千葉大学教授,横浜国立大学教授,放送大学教授などを歴任.理学博士.
専攻は理論物理学.
著書に『非線形格子力学』(岩波書店),『ベクトル解析』(岩波書店),『現代物理学の基礎統計物理学』(共著,岩波書店),『液体の構造と性質』(共著,岩波書店),『振動論』(培風館),『おもちゃセミナー(正・続)』(日本評論社),
Theory of Nonlinear Lattices(Springer-Verlag),Statistical Physics I(共編著,Springer-Verlag)など.
ページトップへ戻る