新刊

ひきこもりの国民主義

「パックス・アメリカーナの終焉」に直面してなお,アメリカの「下請けの帝国」の 地位にしがみつく日本.その精神構造に切り込む.

ひきこもりの国民主義
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 酒井 直樹
ジャンル 書籍 > 単行本 > 哲学
刊行日 2017/12/08
ISBN 9784000245326
Cコード 0010
体裁 四六 ・ 上製 ・ カバー ・ 304頁
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
国民主義や植民地主義の思想はいかにして克服可能か.長年この難題と格闘してきた著者による待望の新著.戦後「日本」の言説に潜む帝国意識や人種主義.その精神構造を,いびつな日米関係や学知のあり方から分析し,突き崩す.世界に蔓延する自国第一主義を批判的に越えるための必読書.
ページトップへ戻る