新刊
これから出る本

抑止力としての憲法

再び立憲主義について

戦後憲法学に近代立憲主義を復権させた著者が,いま再び「近代」への考察を突き詰め,憲法学を問い直す.樋口立憲主義論の到達点.

抑止力としての憲法
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 樋口 陽一
ジャンル 書籍 > 単行本 > 法律
刊行日 2017/12/14
ISBN 9784000254700
Cコード 0032
体裁 A5 ・ 上製 ・ カバー ・ 256頁
定価 本体4,400円+税
在庫 未刊・予約受付中
国政選挙での勝利=「民意」をタテにして進められる強引な政治に抗して,いま「立憲主義」の原理が改めて注目されている.1973年に刊行された最初の著書で,「戦後憲法学」に「近代立憲主義」を復権させた著者が,再び「近代」の構成原理に対する考察を突き詰め,憲法学のあり方を問い直す.著者の立憲主義論の到達点.
ページトップへ戻る