哲学がわかる 形而上学

形而上学の抽象的な問いの意味を平易に解きほぐしながら,考える際にどんなことが問題になるのか要点を押さえて明快に示す入門書.

哲学がわかる 形而上学
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 スティーヴン・マンフォード , 秋葉 剛史 , 北村 直彰
ジャンル 書籍 > 単行本 > 哲学
刊行日 2017/12/14
ISBN 9784000612401
Cコード 0010
体裁 四六 ・ 並製 ・ カバー ・ 214頁
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
「形而上学」とは哲学の核であるが,問いそのものが大きすぎて,取りつきにくいのも事実だ.本書は,「時間とは何か」「性質とは何か」といった形而上学の抽象的な問いについて,それらの問いの意味を平易に解きほぐしながら,哲学としてこれらを考察する際にどんなことが問題になるのかを,ポイントを押さえて大まかに示す入門書.
 はじめに 入門書とはなにか

第1章 机とはなにか
第2章 円とはなにか
第3章 全体は部分の総和にすぎないのか
第4章 変化とはなにか
第5章 原因とはなにか
第6章 時間はどのように過ぎ去るのか
第7章 人とはなにか
第8章 可能性とはなにか
第9章 無は存在するのか
第10章 形而上学とはなにか

 解 説(秋葉剛史)

 日本の読者のための読書案内(北村直彰)
 読書案内
 索 引
スティーヴン・マンフォード(Stephen Mumford)
ダラム大学教授.リーズ大学で博士号取得.形而上学,心の哲学から,最近はスポーツの哲学も研究している.著書にLaws in Nature (Routledge), Dispositions (OxfordUniversity Press), Causation: A Very Short Introduction(Oxford University Press, with Rani Lill Anjum)〔『哲学がわかる因果性』〕など.

秋葉剛史(あきば たけし)
千葉大学文学部准教授.現代形而上学,現代倫理学,初期現象学.著書に『真理から存在へ:〈真にするもの〉の形而上学』『ワードマップ現代形而上学』(共著)など,訳書に,デイヴィッド・M. アームストロング『現代普遍論争入門』など.

北村直彰(きたむら なおあき)
日本学術振興会特別研究員PD,慶應義塾大学・埼玉大学非常勤講師.現代形而上学.訳書に,トゥオマス・E. タフコ編著『アリストテレス的現代形而上学』(共訳).

この商品に関するお知らせ

ページトップへ戻る