ラテンアメリカ五〇〇年

歴史のトルソー

歴史の見方,世界のとらえ方が変わる!

ラテンアメリカ五〇〇年
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 清水 透
通し番号 学術372
ジャンル 書籍 > 岩波現代文庫 > 学術
刊行日 2017/12/15
ISBN 9784006003722
Cコード 0122
体裁 A6 ・ 並製 ・ カバー ・ 304頁
定価 本体1,200円+税
在庫 在庫僅少
ヨーロッパによる「発見」以来,約500年にわたるラテンアメリカの歴史は,私たちに何を問いかけるのか.征服,植民地化,独立闘争,アメリカの「裏庭化」……,さながら「近代」そのものを象徴する歴史過程の中で,人々はいかに生きてきたのか.メキシコを主なフィールドとし,長年にわたり「発見」される側に寄り添う視点から考察を重ねてきた著者が,既成の歴史観に根底的な問い直しを促す講義録.
はじめに 歴史は何のため? 誰のため?


第1話 インディオ世界との出逢い
第2話 「ラテンアメリカ」、そして三つの「場」
第3話 「自然空間」としての「新大陸」
第4話 「野蛮」の捏造と「野蛮」への恐怖
第5話 植民地の秩序形成
第6話 精神的征服
第7話 抵抗の二つのかたち
第8話 もうひとつの抵抗のかたち
第9話 「近代」の実験場アメリカ大陸


第10話 独立と白色国民国家構想
第11話 野蛮の清算、そして白色化
第12話 近代化のなかの先住民社会
第13話 白い資本と村
第14話 軍事独裁と裏庭化
第15話 メキシコ革命と自分探し
第16話 大弾圧の時代から民主化へ
第17話 液状化の今

おわりに 五〇〇年の歴史に何をみるか
清水 透(しみず とおる)
1943年長野県生まれ,東京育ち.東京外国語大学大学院修士課程修了.メキシコ大学院大学エル・コレヒオ・デ・メヒコ歴史学博士課程修了.東京外国語大学,獨協大学,フェリス女学院大学を経て,慶應義塾大学名誉教授.著書に,『エル・チチョンの怒り――メキシコにおける近代とアイデンティティ』(東京大学出版会),『コーラを聖なる水に変えた人々――メキシコ・インディオの証言』(共著,現代企画室),「砂漠を越えたマヤの民 揺らぐコロニアル・フロンティア」(『オルタナティブの歴史学』共著,有志舎),翻訳書にメジャフェ『ラテンアメリカと奴隷制』(岩波書店)などがある.

書評情報

大阪日日新聞 2018年4月2日
日本海新聞 2018年4月2日
ラティーナ 2018年3月
朝日新聞(朝刊) 2018年2月18日
週刊文春 2018年1月25日号
ページトップへ戻る