世界 2018年1月号

【特集1:民主政治の混迷と「安倍改憲」】【特集2:性暴力と日本社会】

世界 2018年1月号
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンル 雑誌 > 世界 > 定期号
刊行日 2017/12/08
■特集:民主政治の混迷と「安倍改憲」

 日本国憲法施行70周年にあたる2017年5月3日,安倍首相は憲法改正を目指す集会にメッセージを寄せ,憲法9条の1項,2項を残したうえで自衛隊を明記した第3項を加えるという案に言及するとともに,2020年の新憲法施行を目指すと表明した.
 そして10月22日,総選挙での自公「圧勝」.改憲発議に必要な「3分の2」を三たび手にした安倍首相は,歴代最長政権と改憲への切符を手にしたのか.
 特別国会は11月1日に開会したが,会期や質問時間の配分をめぐって与野党が対立,森友・加計問題での追及を回避したい官邸の思惑により国会審議の空洞化が憂慮される事態となった.「謙虚」「丁寧に説明」という約束はあっというまに反故にされた.
 第2次安倍政権誕生から5年,改憲が現実味を帯びて語られる2018年の政治状況を,「九条加憲」問題,国民の政治意識,民主政治を支える体制などから多角的に考察する.
┏━━━┓
┃特集1┃民主政治の混迷と「安倍改憲」
┗━━━╋…────────────────────────────────

〈憲法論議の作法〉
安倍「九条加憲」に対案は必要ない――憲法改正の「作法」                    
水島朝穂(早稲田大学)

〈自衛隊の明記は可能か〉
憲法九条改正の論点
阪田雅裕(元内閣法制局長官,弁護士)

〈政党政治の未来に向けて〉
「3:2:5」の構図――現代日本の得票構造と「ブロック帰属意識」
小熊英二(慶應義塾大学)

〈原理的考察〉
民主体制であること,民主体制であり続けること
空井護(北海道大学)

〈ミサイルが来たら?〉
実効性なき国民保護計画
池尾靖志(立命館大学)

┏━━━┓
┃特集2┃性暴力と日本社会
┗━━━╋…────────────────────────────────

〈インタビュー〉
「話せる社会」に変えられる                    
伊藤詩織(ジャーナリスト)

〈エッセイ〉
「普通」の女性たちの声
林典子(フォトジャーナリスト)

〈誰も排除しない〉
あらゆる性暴力被害者を絶望させないために――性別・性的指向を超えた支援へ
岡田実穂(RC─NET)

〈刑法教育という問題〉
性犯罪をめぐる司法――被害者不在がもたらしたもの
角田由紀子(弁護士)

〈「性的尊厳」をめぐって〉
同意の要件は性犯罪の中心から外すべきである
園田寿(甲南大学教授,弁護士)

〈ニューヨーク・タイムズ記者に聞く〉
「ワインスタイン スクープ」を支えた証拠文書
J・カンター,M・トゥーヒー,聞き手=T・グロス(『Fresh Air』ホスト),訳=荒井雅子,宮前ゆかり(TUP)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〈インタビュー〉
名護の未来と辺野古新基地――市民の生活の場から声をあげていく
稲嶺進(名護市長)

〈ルール作りの混迷〉
メガ貿易協定の限界とTPP11
内田聖子(アジア太平洋資料センター)

〈インタビュー〉
歴史の真実から見える北朝鮮問題のゆくえ
沈志華(華東師範大学),聞き手=朱建栄(東洋学園大学)

〈危険な思惑〉
トランプ大統領のアジア歴訪と安倍外交
美根慶樹(日朝国交正常化交渉元日本政府代表)

〈ルポ〉
「北朝鮮」と呼ばれる国交のない国・訪問記
まさのあつこ(ジャーナリスト)

〈韓国史の中の民主政権〉
韓国「ロウソク革命」の中で――小田実没後一〇年に寄せて
金鍾哲(『緑色評論』編集・発行人),訳=金亨洙,補訳=青柳純一                                   

〈講演録〉
教育が「憲法の理想」を実現する――夜間中学という問いかけ
前川喜平(前文部科学事務次官)

〈ルポ〉
メキシコ・マフィア国家と対峙するジャーナリストたち
工藤律子(ジャーナリスト)

〈特別寄稿〉
特別寄稿 続・韓国行(下)
金石範(作家)

〈読者投句〉
岩波俳句
選・文=池田澄子(俳人)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇世界の潮
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇COP23で見た紛糾と対話
小西雅子

◇習近平「政治報告」が映し出す近未来の中台関係
本田善彦

◇校則が生徒の人権を侵すとき
大島佳代子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●連載
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●【新連載・第1回】トランプのアメリカに住む
ポスト真実の地政学――ロシア疑惑と虚構のメディア
吉見俊哉(東京大学)

●片山善博の「日本を診る」(98)――国会質問時間の与野党配分を考える
片山善博(早稲田大学)

●ルポ・軍事列島【第2回】
三沢――攻撃とミサイル防衛の最前線
斉藤光政(東奥日報)

●アパレル興亡【第5回】
黒木 亮(作家)

●日 没【第6回】
桐野夏生(作家)

●私的小豆島名所【その31】
内澤旬子(イラストルポライター)

●〈周縁〉の「小さなアメリカ」【第4回】
「日陰」を生きる人びとの代弁者――テリー・ウィリアムズとの対話
中村 寛(多摩美術大学)

●神を捨て,神になった男 確定死刑囚・袴田巖【第11回】
――「全権力者の中で最高の地位を占めるに至ったんだ」
青柳雄介(ジャーナリスト

●それぞれの出ウチナー記 海を越えるアイデンティティー【第5話】
――戦禍に失われた移民社会
三山 喬(ジャーナリスト)

●中国新建築文化論【第9回】
隠逸するナショナル・アーキテクト――王ジュの文人的建築世界
市川紘司(東京藝術大学)

●メディア批評第121回
神保太郎(ジャーナリスト)

●原発月報【第31回】
17・09~11
福島原発事故記録チーム

●脳力のレッスン(189)
プロイセン主導の統合ドイツに幻惑された明治日本
――モンゴルという衝撃――十字軍と蒙古襲来 一七世紀オランダからの視界(その46)
寺島実郎

●沖縄(シマ)という窓――日の丸焼き捨てから三〇年 息苦しさ増す日本社会
松元 剛(琉球新報)

●世界論壇月評
朱建栄・竹田いさみ・吉田文彦・石郷岡建

●ドキュメント激動の南北朝鮮(245)
17・10~11
編集部


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○グラビア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○グラビア――公募作品163
戦争が残したもの―ラオス・シェンクワンから
神永悦史(写真家)

○A SHOT OF THE WORLD

○表紙の言葉
鈴木邦弘(写真家)

○表紙写真= 鈴木邦弘 デザイン= 赤崎正一+ 佐野裕哉

○グラビアについて(公募規定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書評情報

毎日新聞(朝刊) 2017年12月24日
ページトップへ戻る