新刊
これから出る本

松田道雄と「いのち」の社会主義

『育児の百科』から安楽死まで――何を追い求めたのか

松田道雄と「いのち」の社会主義
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 高草木 光一
ジャンル 書籍 > 単行本 > 社会
刊行日 2018/01/26
ISBN 9784000248259
Cコード 0036
体裁 四六 ・ 上製 ・ カバー ・ 328頁
定価 本体2,800円+税
在庫 未刊・予約受付中
名著『育児の百科』の著者として知られる医師にして,ルソーやロシア革命史の研究者,さらに「ベ平連」等の市民運動においても大きな役割を果たした“在野の思想家”松田道雄.その多岐にわたる活動と思索を「社会主義」という観点から捉えなおし,一人の20世紀知識人の思想的葛藤が提起した問題に新たな光を当てる.社会主義へのアンビヴァレントな思いを背景に,自己批判に揺れ動く葛藤をもちつつ時代の精神と格闘した松田の思想像に迫る.
ページトップへ戻る