新刊
これから出る本

茶と琉球人

いつの世も,庶民はしったかに生き抜いてきた

茶と琉球人
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 武井 弘一
通し番号 新赤版 1700
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 日本史
刊行日 2018/01/19
ISBN 9784004317005
Cコード 0221
体裁 新書 ・ 224頁
定価 本体780円+税
在庫 未刊・予約受付中
近世琉球で,どのようなモノが,どこで生産され,誰が流通をにない,どのように消費されていたのか.大国の狭間で翻弄されつつも,日常的に茶をたしなみ,“ゆたかに”農業型社会を築いていた人びとの暮らしぶりは? 「庶民の姿」と多様な「地域性」とに焦点を当て,「薩摩の世」時代の沖縄の自立を問う.いわばモノからみた琉球史!
ページトップへ戻る