はじめての研究レポート作成術

図書館とインターネットを使って入手できる資料を用いた研究レポート作成術を,初心者にもわかるように懇切丁寧に解説.

はじめての研究レポート作成術
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 沼崎 一郎
通し番号 865
ジャンル 書籍 > 岩波ジュニア新書 > 国語・文学
刊行日 2018/01/19
ISBN 9784005008650
Cコード 0230
体裁 新書 ・ 256頁
定価 本体900円+税
在庫 在庫あり
「研究ってどうやるの?」「資料の探し方は?」「レポートの書き方にルールはあるの?」.初めて自分で何かを調べてレポートにまとめる人のために,図書館とインターネットを使って入手できる資料を用いた研究レポート作成術を懇切丁寧に解説する.研究への取り組み方から,コピペ不要の文章の組み方の技術まで網羅した一冊.
まえがき

第1章 研究をはじめる前に
 1.研究するとは,何をすることか?
 2.どこまでも事実に基づいて研究するために
 3.どこまでも誠実に研究するために
 【パワーアップ・レッスン1】批判的に考え,批判的に読む

第2章 研究を進める
 1.研究の流れ
 2.小さなトピックを見つける
 3.大きなテーマを見つける
 4.問いを立て,答えを見とおす
 5.事実が書かれた資料を探す
 6.資料のなかからデータを集める
 7.データに事実を語らせる
 【パワーアップ・レッスン2】大学教員を訪ね,アドバイスをもらう

第3章 研究レポートを書く
 1.どこまでも誠実に書くために
 2.どこまでも論理的に書くために
 3.研究レポートの組み立て方を知る
 4.序論を書く
 5.本論を書く
 6.結論を書く
 7.形式を整え,提出する
 【パワーアップ・レッスン3】構想や結果をプレゼンテーションする

引用文献一覧
あとがき――研究レポート作成を指導なさる方々へ
沼崎一郎(ぬまざき いちろう)
東北大学文学部卒業.ミシガン州立大学大学院人類学科博士課程にてPh.D.取得.1991 年東北大学文学部講師,同助教授を経て,2004年より東北大学大学院文学研究科教授.専門は文化人類学,台湾研究,人権論,ジェンダー論(特に男性性研究).著書に『台湾社会の形成と変容』(東北大学出版会,2014年)など.

書評情報

図書館教育ニュース 第1461号付録(2018年3月18日発行)
ページトップへ戻る