平安時代の貴族と天皇

律令国家変質過程における支配機構の特質

平安時代の貴族と天皇
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 玉井 力
ジャンル 書籍 > 岩波オンデマンドブックス
刊行日 2018/01/11
ISBN 9784007307140
Cコード 3021
体裁 A5 ・ 並製 ・ 448頁
定価 本体10,000円+税
在庫 オンデマンド制作

※この書籍はオンデマンド出版です。ご注文を頂いてからの製作となるため、お届けまで2~4週間程かかります。ご了承ください。

平安時代に入ると律令国家の変質が進行し,12世紀以降の王朝国家成立につながる新しい要素が芽生えてくる.このような歴史的展開の中で,貴族や天皇がどんな支配機構を作り出し運営したのか.長年の課題を集大成した労作.
ページトップへ戻る