思想 2018年1月号

特集:魔女研究の新潮流

思想 2018年1月号
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンル 雑誌 > 思想
刊行日 2017/12/22
体裁 168頁
■魔女研究の新潮流

思想の言葉 池上俊一
表象としての魔女――図像と生成されるリアリティ 黒川正剛
魔女のダンスとサバトの成立 池上俊一
〈魔女〉は例外犯罪か――近世ドイツにおける犯罪と拷問 小林繁子
悪魔学の受容――魔女研究における方法論的試み 田島篤史
近代における魔女神話――ロマン主義からフェミニズムまで フェーリックス・ヴィーデマン
リマの異端審問――マリア・ピサロ事件におけるエクスタシーとユートピア幻想 谷口智子
〈研究動向〉個とマテリアリティに験ずる呪術――文化人類学における呪術研究 川田牧人
〈名著再考〉キース・トマス『宗教と魔術の衰退』 楠 義彦

戦争と感情――名誉,恥,犠牲への歓び ウーテ・フレーフェルト
アラン・コルバンと歴史学の転換 小倉孝誠
〈名著再考〉劉暁波『単刃毒剣――中国民族主義批判』を読む 楊海英
ページトップへ戻る