雨月物語

荒ぶる先帝の怨霊,命を賭した義兄弟の契り,男にとりついた蛇性の女の執念…….美しくも妖気ただよう珠玉の短篇集.

雨月物語
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 上田 秋成 , 長島 弘明 校注
通し番号 黄220-3
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 黄(日本文学)
刊行日 2018/02/16
ISBN 9784003022030
Cコード 0193
体裁 文庫 ・ 272頁
定価 本体780円+税
在庫 在庫あり
雨そぼふる薄暗き午後,あるいは皓々たる月の夜,この世とあの世が交錯する.荒ぶる先帝の怨霊,命を賭した義兄弟の契り,帰らぬ夫を待つ妻の悲しき末路,男にとりついた蛇性の女の執念…….中国や日本の古典をさまざまに取り入れ,美しくも妖気ただよう作品に仕上げた上田秋成(1734―1809)の珠玉の短篇集.「白峰」ほか全9篇を,平明な注と解説で.
凡 例
『雨月物語』あらすじ

雨月物語序

巻之一
 白 峰
 菊花の約

巻之二
 浅茅が宿
 夢応の鯉魚

巻之三
 仏法僧
 吉備津の釜

巻之四
 蛇性の婬

巻之五
 青頭巾
 貧福論

解 説……………長島弘明
ページトップへ戻る