電子書籍対応

津波災害 増補版

減災社会を築く

東日本大震災の直前に刊行され,大きな反響を呼んだ本書.311大津波と南海トラフ巨大地震について増補する.

津波災害 増補版
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 河田 惠昭
通し番号 新赤版 1708
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 社会
刊行日 2018/02/20
ISBN 9784004317081
Cコード 0236
体裁 新書 ・ 256頁
在庫 在庫あり
「必ず,来る!」.東日本大震災の直前にそう警鐘を鳴らし,震災発生後に大きな反響を呼んだ本書.その後の調査研究と最新の知見データをふまえ,311大津波の実相と,南海トラフ巨大地震で想定される被害の様相について増補する.さきの大震災の優に十倍を超える,決して避けられない「国難災害」.その減災・縮災対策の緊急性を訴える.
まえがき

序 章 “安全な津波”はない
 五〇センチなら大丈夫なのか?/なぜ津波は侮られるのか?


第1章 津波は恐ろしい

1 津波をめぐる誤解
 津波は「高い波」である?/津波は一度来たら終わる?/津波は引き波からやってくる?/津波は第一波が一番大きい?/大きな津波がやってこないことが歴史的にわかっている?/高い海岸護岸や堤防があるから大津波警報が出ても避難しなくてよい?/インド洋大津波のような被害は日本では起こらない?

2 津波の恐ろしさを知る
 インド洋大津波(二〇〇四年)/明治・昭和三陸大津波(一八九六年・一九三三年)/チリ津波(一九六〇年)/北海道南西沖地震津波(一九九三年)

3 教訓が忘れられたとき
 大阪──宝永地震津波(一七〇七年)と安政南海地震津波(一八五四年)/ハワイ島ヒロ──アリューシャン地震津波(一九四六年)とチリ津波(一九六〇年)


第2章 津波災害はくり返す

1 津波のメカニズム
 太平洋を伝播する津波/津波の破壊力/流れとしての津波/高波や高潮とは違う/遠地津波と近地津波

2 変形する津波
 周波数分散と方向分散/屈折と回折/浅水変形と反射/共振とエッジ波/津波レンズ

3 くり返す津波災害
 津波を起こすプレート境界(間)地震/地震空白域/津波考古学のすすめ/文明を滅ぼした津波

4 日本の津波常襲地帯
 三陸沿岸/土佐湾沿岸/熊野灘・紀伊水道沿岸/道東海岸


第3章 津波情報に注意せよ

1 「この地震による津波の心配はありません」
 津波発生の経験則/津波情報の限界/車で山へ避難/徒歩で避難所へ

2 情報だけでは助からない
 情報の泣きどころ──避難行動に結びつかない/津波情報の活用の課題──とっさの判断を間違う/地震対策を兼ねる/津波来襲時の要援護者

3 情報を避難に結びつける
 津波警報・大津波警報/津波避難勧告・指示/ハザードマップ


第4章 津波が来たらどうする?

1 もしも東京に大津波が来たら……
 市街地はん濫の恐怖/地下空間水没/長時間の湛水/広域避難/津波火災

2 避難しないと何人犠牲になる?
 津波による人的被害の計算方法/南海トラフ巨大地震で津波避難しない場合の犠牲者数/つぎの関東大震災での津波被害予測

3 過去の教えを検証する
 「津波てんでんこ」/「津波が来る前にご飯を炊く余裕がある」/「地震の揺れが小さいと津波も小さい」


第5章 東日本大震災の巨大津波と被害

1 なぜ巨大な津波が発生したのか
 プレート境界地震と津波地震/発生メカニズムの解明/過小評価した巨大津波/レベル1とレベル2の津波

2 なぜ膨大な犠牲者が発生したのか
 大量の犠牲者の発生と地震災害の約四倍の死亡率/津波防波堤・護岸の被災/低い避難率と車避難/津波ハザードマップの限界

3 津波復興まちづくり
 多重防御/津波防災地域づくりに関する法律/高台移転事業


第6章 南海トラフで予想される巨大津波と被害

1 新たな南海トラフ巨大地震像
 地震規模の拡大/大震法の見直しと四つの異常現象/政府のガイドライン/気象庁の臨時情報

2 強い揺れと巨大津波の被害
 想像を絶する被害/東海地方/紀伊半島/大阪湾/徳島県・高知県・宇和海/日向灘/沖縄県・鹿児島県・熊本県・長崎県/瀬戸内海

3 いかにして津波被害を少なくするか
 なぜ逃げないのか/津波避難タワーの隠れた効果と地震・津波観測監視システム(DONET)


終 章 津波災害に備える

1 日本の津波対策と課題
 津波の危機管理/津波防災施設・装置を用いた防災/漁船・養殖いかだ被害対策/津波防災教育/「世界津波の日」の制定

2 生存避難を実行する
 自助努力と生存避難/語り継ぐことの大切さ/持続可能な津波減災・縮災社会に向けて


あとがき
河田惠昭(かわた よしあき)
1946年大阪に生まれる.1974年京都大学工学研究科土木工学専攻博士課程修了,工学博士.京都大学工学および情報学研究科教授,巨大災害研究センター長,防災研究所長を経て,現在,関西大学理事・特別任命教授,同学社会安全研究センター長,阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター長,ひょうご震災記念21世紀研究機構副理事長(兼務).2007年国連SASAKAWA防災賞,2009年防災功労者内閣総理大臣表彰などを受賞
専門─防災・減災,危機管理
著書─『これからの防災・減災がわかる本』(岩波ジュニア新書),『スーパー都市災害から生き残る』(新潮社),『12歳からの被災者学』(監修,NHK出版),『都市大災害』(近未来社),『にげましょう災害でいのちをなくさないために』(編著,共同通信社),『日本水没』(朝日新書)など

電子書籍

価格は各電子書籍書店にてご確認ください

ページトップへ戻る