青い月の石

校庭の地面の下から,地下世界の王が現れた! 月が青くなったときに,少年のとくべつな冒険が始まる.

青い月の石
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 トンケ・ドラフト , 西村 由美
通し番号 244
ジャンル 書籍 > 児童書 > 岩波少年文庫
対象年齢 > 小学4・5年から
刊行日 2018/02/16
ISBN 9784001142440
Cコード 8397
体裁 B6変 ・ 並製 ・ カバー ・ 336頁
定価 本体760円+税
在庫 在庫あり
ヨーストはある暗い夜,家の外にあやしい黒い影を目にする.そして次の日,校庭の地面の下からぶきみな男が現れた.その名は地下世界の王,マホッヘルチェ! ヨーストは足あとを追っていくが…….それは月が青くなったときに始まった,少年と仲間のとくべつな冒険の物語.現実とおとぎ話が入り交じる,人気作家のファンタジー.
第一部 マホッヘルチェ
 はじめに――青い月の魔法について
 1 月は二度と青くならない
 2 暗い日曜日
 3 「青い月」曜日
 4 わしの足あとをつけて来るのだ!
 5 長ひげ王の物語
 6 イアン王子
 7 時計は二度鳴らそう
 8 足あと,池,そして,さらに足あと
 9 魔法使いのオルムと馬と魔法の球
 10 ヨーストの冒険とヤンの任務

第二部 地下世界の王
 1 ヨースト,地下世界へ入る
 2 ヒヤシンタ姫とイアン王子
 3 最初の任務
 4 二つ目の任務
 5 三つ目の任務
 6 思いがけない任務
 7 逃亡――地下世界をぬけだす
 8 逃亡――森と畑を行く
 9 逃亡――砂丘をぬけ,海岸へ
 10 警 告

第三部 ワスレナグサ――わたしをわすれないで
 1 帰宅――ヨーストとヤン
 2 ヤンとフリーチェ
 3 国境への旅
 4 王子と姫
 5 帰り道,そして,ふたたび家で
 6 夢,考え,おしゃべり
 7 青い魔法
 8 夜の旅
 9 新 月
 10 長ひげ王の都
 11 祝宴,ケーキ,そして,また祝宴
 終わりに――青い海

訳者あとがき
トンケ・ドラフト(Tonke Dragt 1930~)
オランダの作家.当時オランダの植民地だったインドネシアのジャカルタに生まれる.第2次世界大戦中の1942年から3年間,家族とともに日本軍の収容所で過ごし,戦後,オランダに帰国.ハーグの造形美術アカデミーで学び,教師になる.1961年に『ふたごの兄弟の物語』を発表する.翌62年に『王への手紙』を,65年に続編の『白い盾の少年騎士』を出版し,成功をおさめる.1976年には,「青少年文学のための国家賞」を受賞.2004年秋に,『王への手紙』が,オランダで過去50年間に出された子どもの本の中から第1位に選ばれ,改めて注目を浴びている.さし絵も作者自身が描いている.
ページトップへ戻る