ショスタコーヴィチ

引き裂かれた栄光

ショスタコーヴィチの密かな権力への抵抗とは? 動乱と大粛清の時代のソ連を生きた作曲家の人間ドラマ.

ショスタコーヴィチ
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 亀山 郁夫
ジャンル 書籍 > 単行本 > 音楽
刊行日 2018/03/27
ISBN 9784000612586
Cコード 0073
体裁 四六 ・ 上製 ・ カバー ・ 432頁
定価 本体3,300円+税
在庫 在庫あり
ロシア音楽史の中で最も激しい毀誉褒貶にさらされる作曲家,ショスタコーヴィチ.ロシア革命,第二次世界大戦,スターリン独裁時代に生きたこの芸術家は,どのように動乱と大粛清の嵐の中を生きのびたのか.彼の密かな権力への抵抗とは? ソ連崩壊後の最新の解釈を踏まえた,権力と芸術をめぐる人間ドラマとしても楽しめる評伝.
プロローグ

I 前衛としての栄光
 第一章 誕生―― 一九〇六~一九二七
 第二章 前衛の青春―― 一九二七~一九三二
 第三章 岐路―― 一九三二~一九三七

II 二枚舌による抵抗――圧政と戦火の中で
 第四章 大テロル,または失地回復―― 一九三七~一九四一
 第五章 戦争交響曲―― 一九四一~一九四五
 第六章 受難と歓喜―― 一九四五~一九五三

III 影との闘い,または贖罪
 第七章 栄光との闘い―― 一九五三~一九六八
 第八章 内省と試練,または遺書としての音楽―― 一九六八~一九七五

エピローグ
あとがき
ショスタコーヴィチ年譜


主要参考文献一覧
曲目索引
人物紹介+人名索引
亀山郁夫(かめやま いくお)
1949年生まれ.東京外国語大学外国語学部ロシヤ語学科卒業.東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学.専門はロシア文学・ロシア文化論.東京外国語大学教授,同学長などを経て,現在,名古屋外国語大学学長.
著書:『磔のロシア』(岩波書店,2002)『ドストエフスキー父殺しの文学』(上・下,日本放送出版協会,2004)『大審問官スターリン』(小学館,2006)『甦るフレーブニコフ』(平凡社ライブラリー,2009)ほか.
訳書:ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』『悪霊』(以上,光文社古典新訳文庫)ほか.

書評情報

週刊東洋経済 2018年8月25日
週刊読書人 2018年6月29日
毎日新聞(朝刊) 2018年6月24日
文藝春秋 2018年7月号
読売新聞(朝刊) 2018年6月3日
音楽の友 2018年6月号
東京新聞(朝刊) 2018年4月29日
ページトップへ戻る