岩波ブックレット

裁量労働制はなぜ危険か

「働き方改革」の闇

「働き方改革」の本丸たる「裁量労働制」の問題点を,その目的,法律と裁判例,運用実態から解説.

裁量労働制はなぜ危険か
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 今野 晴貴 , 嶋﨑 量
通し番号 980
ジャンル 書籍 > 岩波ブックレット > 労働
シリーズ 岩波ブックレット
刊行日 2018/03/06
ISBN 9784002709802
Cコード 0336
体裁 A5 ・ 並製 ・ 96頁
定価 本体660円+税
在庫 在庫あり
長時間労働の是正は絵に描いた餅に? 「高度プロフェッショナル制度」に比べて世間でほとんど知られていない「裁量労働制」の大幅規制緩和が,「働き方改革」の本丸だ.固定残業代制や「名ばかり管理職」の法規制が広がるなか,「不払い残業の最後の砦」となっている同制度について,実態をもとに警鐘を鳴らす.
はじめに  今野晴貴
第1章 「働き方改革」と裁量労働制  今野晴貴
第2章 裁量労働制とは何か――法的観点から  嶋﨑 量
第3章 裁量労働制の何が問題か?  今野晴貴
第4章 裁量労働制の運用と労働組合  三家本里実
第5章 裁量労働制の労働相談対応マニュアル  裁量労働ユニオン

裁量労働制チェックシート(チェック項目と解説)
裁量労働制の対象業務一覧
■編者
今野晴貴(こんの・はるき)
1983年生まれ.NPO法人POSSE代表,ブラック企業対策プロジェクト共同代表.著書に『ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』(文春新書,大佛次郎論壇賞),『求人詐欺 内定後の落とし穴』(幻冬舎),『ブラックバイト――学生が危ない』(岩波新書),『ブラック奨学金』(文春新書)など.

嶋﨑 量(しまさき・ちから)
1975年生まれ.弁護士.神奈川総合法律事務所所属.日本労働弁護団常任幹事,ブラック企業対策弁護団副事務局長,ブラック企業対策プロジェクト事務局長.著書に『ブラック企業のない社会へ―—教育・福祉・医療・企業にできること』(今野らとの共著,岩波ブックレット)など.

■執筆者
三家本里実(みかもと・さとみ)
1988年生まれ.POSSEメンバー.一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程(労働社会学,労働過程論).主な論文に「情報サービス産業の下流工程における雇用関係ルール――IT労働者の「採用・配置・指揮命令」に関する実証研究」(一橋社会科学8, pp.1-16,2016),「労働過程論における自律性概念の再解釈———ブレイヴァマンの労働過程分析を通して」(季刊経済理論53(4),pp.74-84,2017)など.

裁量労働制ユニオン(さいりょうろうどうせいゆにおん)
個人加盟の労働組合・総合サポートユニオンの支部として2017年8月に発足した,裁量労働制の労働相談を受け付ける労働組合.発足以降,IT業界,デザイン業界,出版・映像業界,ゲーム業界をはじめとして数多くの相談の対応をしており,会社との団体交渉によって残業代の支払いや職場改善を実現させている.
ページトップへ戻る