田舎教師

家庭貧しく代用教員となった一文学青年のはかなき人生を,北関東の風物と共に描く自然主義文学の代表的作品.

田舎教師
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 田山 花袋
通し番号 緑21-2
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 緑(現代日本文学)
刊行日 2018/03/16
ISBN 9784003600320
Cコード 0193
体裁 文庫 ・ 320頁
定価 本体740円+税
在庫 在庫あり
文学に憧れ大志を胸に秘めながらも,家庭貧しく代用教員として人生を歩み始めた青年・清三.同級生の学生生活や恋の話は遠い世界となり,このまま田舎教師として埋没しゆく煩悶をその日記に記す.世間が日露戦争の勝利に沸くなか病没した実在の青年の日記を元に,北関東の風物を織り交ぜ描く,自然主義文学の代表的作品.改版.(解説=前田晁,尾形明子)
田舎教師


解 説……………前田 晁
解 説……………尾形明子

書評情報

毎日新聞(朝刊) 2018年4月29日
ページトップへ戻る