思想 2018年3月号

特集:〈世界史〉をいかに語るか――グローバル時代の歴史像

思想 2018年3月号
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンル 雑誌 > 思想
刊行日 2018/02/23
体裁 168頁
思想の言葉  岡本充弘

―I―
〈鼎談〉「世界史」をどう語るか  小川幸司・成田龍一・長谷川貴彦
グローバル・ヒストリーの可能性と問題点――大きな歴史のあり方  岡本充弘
物語論的転回2.0 ――歴史学におけるスケールの問題  長谷川貴彦
転回するグローバル・ターン  キャロル・グラック

―II―
グローバル・ヒストリー論と「カリフォルニア学派」  岸本美緒
綿と資本主義のグローバルな起源  スヴェン・ベッカート
気候と資本――結合する複数の歴史  ディペシュ・チャクラバルティ
〈書評〉誰のために歴史を書くのか――セバスティアン・コンラート『グローバル・ヒストリーとはなにか?』  小田原 琳
ページトップへ戻る