新刊

闘う商人 中内㓛

ダイエーは何を目指したのか

日本の流通業の頂点を極めながら,なぜダイエーは崩壊したのか.稀代の経営者の知られざる苦闘を描く.

闘う商人 中内㓛
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 小榑 雅章
ジャンル 書籍 > 単行本 > 社会
刊行日 2018/04/04
ISBN 9784000241779
Cコード 0036
体裁 四六 ・ 上製 ・ カバー ・ 304頁
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
日本一の流通業・ダイエーをつくり上げた中内㓛は,価格破壊,流通革命の旗を掲げて道を切り開き,這い上ってきた.しかし頂点を極めながら,なぜダイエーは崩壊していったのか.暮しの手帖編集部から中内の秘書に転じ,花森安治と中内㓛、戦後日本人の暮しを大きく変えた二人のカリスマに仕えた著者が,稀代の経営者の知られざる苦闘を描く.
プロローグ 辞表

1 ジャングル,飢餓・闇市
 なぜダイエーに入社したのか/入社前,河島さんと面談/ダイエーに入社/臨時教育審議会の委員になる/一銭五厘,そしてジャングル,飢餓・負傷/終戦,引き揚げ,闇市

2 日本型スーパーマーケット創業
 現金問屋,中間排除/千林創業,そして二号店三宮/牛肉とウエテル/薬局と薬の安売り/アメリカで学んだこと――その1/アメリカで学んだこと――その2/ダイエー三宮第一ビル店SSDDS――日本型GMSの始まり/コミュニケーションの重要性――社内報,『月刊ダイエー』,『社長ブリティン』,『FROM CEO』/「よい品をどんどん安く」の「よい品」とは

3 規制との闘い,メーカーとの戦い
 松下電器と花王石鹼/PBのカラーテレビ「ブブ」発売/松下幸之助さん亡くなる/関電小林庄一郎会長とDM研究会/「よい商品」をチェックする消費経済研究所品質管理センター/物価値上がり阻止運動/『わが安売り哲学』と『戦後日本思想大系』

4 日本一の小売業
 売上高一兆円達成/大店法は誰のために/オイルショックの影響/日本の生活者を丸ごとサポートするのだ/Ⅴ革――三四五作戦

5 臨時教育審議会委員になって
 臨時教育審議会/自由化と個性主義/九月入学/不易と流行/教育環境の人間化

6 気にかかること
 経団連――相手の懐に入らなければ/店巡回/中内潤さん

7 流通科学大学
 流通科学大学第一回入学式挨拶へ/流通科学大学事務局長/鈴木さんとの話,そして流通科学大学へ/事務局長の仕事は寄付集め/流通科学大学への夢/流科大中国・ソ連調査走破隊

8 SKHとドーム球場と宴の後
 SKHとOPAと劇場/蜷川幸雄さんからの手紙/南海ホークスからダイエーホークスへ/二一会誕生/バブルがはじけた

9 日本型GMSの土台が崩れてゆく
 阪神淡路大震災/日本型GMSの黄昏/四社合併/ハイパーマーケットは赤字が続いた

10 諫言・辞表,そしてダイエー崩壊
 このままではダイエーはだめになる/CEOへの手紙/潤さんの嘆き,そして諫言・辞表

エピローグ 旅のおわり

注 釈
参考文献
あとがき
小榑雅章(こぐれ まさあき)
1937年生.1960年早稲田大学第一文学部卒.暮しの手帖社に入社.花森安治に師事.1984年ダイエーに入社.調査室長,取締役秘書室長,流通科学大常務理事兼事務局長,兵庫エフエムラジオ放送社長,ダイエー消費経済研究所代表取締役会長などを歴任.1997年関西大学大学院社会学研究科入学.社会学博士.現在,向社会性研究所主任研究員.著書に『良心ある企業の見わけ方』(宝島新書・2006年),『思いやりはどこから来るの?』(共著・誠信書房・2014年),『花森さん,しずこさん,そして暮しの手帖編集部』(暮しの手帖社・2016年),『いま言わずして』(共著・三恵社・2017年)など.

書評情報

東京新聞(朝刊) 2018年4月20日
ページトップへ戻る