水俣へ

受け継いで語る

私たちは水俣病をいかなる言葉で語れるか.作家や学者たちと共に,水俣が触発する様々な現代的問いを考える.

水俣へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 水俣フォーラム
ジャンル 書籍 > 単行本 > 社会
刊行日 2018/04/12
ISBN 9784000248877
Cコード 0036
体裁 四六 ・ 並製 ・ カバー ・ 208頁
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
私たちは水俣病をいかなる言葉で語れるのか.終わらない問いを自らの課題として受けとめ,いまの生き方に照らし返すこと.豊かさと幸福,生活と環境,命と科学,三・一一,いじめ――.水俣が触発する様々な現代的問いかけを,作家や学者たちの声に導かれながら自分の関心につなげ,ともに考える.井上ひさしら十名の講演を収録.
 石牟礼道子 花を奉る

日高六郎   水俣――南北問題と環境問題の交わるところ
鶴見俊輔   近代日本――水俣病への道
池澤夏樹   水俣病と幸福の定義
井上ひさし  コメと水俣病――戦後日本農政の影
網野善彦   軽視され続けた海の民――日本社会史から
柳田邦男   水俣病が求めること――二・五人称の想像力
高橋源一郎  三・一一と水俣病
中村桂子   水俣から学び生きものを愛づる生命誌へ
若松英輔   語らざるものたちの遺言――石牟礼道子と水俣病の叡智
奥田愛基   呪いたい社会でも命を祝福したいから

 実川悠太 解説にかえて

初出一覧
【編者】

水俣フォーラム
水俣病事件について社会教育活動を展開する,東京都新宿区所在の認定NPO法人.会員900人,会友1万5000人.理事長実川悠太.前身は1994年発足の「水俣・東京展実行委員会」.全国各地の自治体や新聞社,大学や生活協同組合,宗教団体や環境団体と協力して,「水俣展」や「水俣病記念講演会」,セミナーやスタディーツアーの開催を続ける.近年の刊行物に『水俣病大学 第2期テキスト』(2014年),『水俣病図書目録』(2017年),編書に栗原彬編『証言 水俣病』(2000年),塩田武史『僕が写した愛しい水俣』(2008年)など.


【著者紹介】

石牟礼道子(いしむれ みちこ)
作家.1927年熊本県天草郡で生まれ,生後,水俣市へ移る.69年『苦海浄土』を発表.以来,水俣病患者と深く関わりつづけ,その苦しみと祈りを描破.同時に,近代的思考に拘束されない生活民の豊かな精神世界を表現.2002年発表の新作能『不知火』も再三上演される.『石牟礼道子全集・不知火』(全17巻・別巻1)が14年に完結.18年逝去.

日高六郎(ひだか ろくろう)
社会学者・思想家.1917年中国の青島に生まれる.東大紛争に際し,69年同大教授を辞職.71年雑誌『市民』を創刊.72年より石牟礼道子らとともに「水俣病センター相思社」の設立に尽力.「国民文化会議」代表もつとめた.『戦後思想を考える』『1960年5月19日』ほか編著書多数.訳書にエーリッヒ・フロム『自由からの逃走』など.

鶴見俊輔(つるみ しゅんすけ)
哲学者・評論家.1922年東京都に生まれる.ハーバード大学で哲学を学び戦中帰国.戦後,丸山眞男,武谷三男らと雑誌『思想の科学』を創刊して論壇に登場.京都大学,同志社大学で教鞭をとる.65年小田実らと「ベ平連」結成.72年より患者支援の呼びかけに参加.『限界芸術論』『戦時期日本の精神史――1931~1945年』など著書多数.2015年逝去.

池澤夏樹(いけざわ なつき)
作家.1945年北海道に生まれる.68年埼玉大学を中退し,翻訳業.84年小説家デビュー.88年『スティル・ライフ』で芥川賞.96年「水俣・東京展」で講演.2000年芸術選奨文部科学大臣賞.07年より刊行の個人編集による「世界文学全集」(全30巻)で日本語作品として『苦海浄土』を唯一収載.『マシアス・ギリの失脚』など著書多数.

井上ひさし(いのうえ ひさし)
作家.1934年山形県に生まれる.上智大学在学中から浅草のストリップ劇場で文芸部兼進行係.放送作家となりNHK連続人形劇『ひょっこりひょうたん島』の台本を共作.72年『手鎖心中』で直木賞受賞.同年より患者支援の呼びかけに参加.84年「こまつ座」旗揚げ.『ブンとフン』『吉里吉里人』など著書多数.2004年「九条の会」呼びかけ人.10年逝去.

網野善彦(あみの よしひこ)
歴史学者.1928年山梨県に生まれる.日本常民文化研究所で中世民族資料・海民資料の詳細な分析により,通説となっていた「海によって閉ざされた島国」論を打破し,「海によって開かれた多様な列島」の視点を確立.神奈川大学教授.『無縁・公界・楽――日本中世の自由と平和』『日本社会の歴史』(上中下)など著書多数.2004年逝去.

柳田邦男(やなぎだ くにお)
ノンフィクション作家.1936年栃木県に生まれる.災害・公害・事故,医療など現代の「いのちの危機」をテーマに執筆活動を続ける.72年『マッハの恐怖』で大宅壮一ノンフィクション賞.95年『犠牲(サクリファイス)――わが息子・脳死の11日』で菊池寛賞.96年「水俣・東京展」で講演.2005年環境省水俣病問題に係る懇談会委員.11~12年政府の原発事故調査・検証委員会委員長代理.

高橋源一郎(たかはし げんいちろう)
作家.1951年広島県に生まれる.横浜国立大学在学中,全共闘運動に加わり逮捕,その後除籍.81年『さようなら,ギャングたち』を発表.2002年『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞.12年『さよならクリストファー・ロビン』で谷崎潤一郎賞.05年より明治学院大学教授.11年『恋する原発』で石牟礼道子と水俣病について考察.著書多数.

中村桂子(なかむら けいこ)
理学博士.1936年東京都に生まれる.64年東京大学大学院修了後,三菱化成生命科学研究所の人間自然研究部長,早稲田大学人間科学部教授,大阪大学連携大学院教授など歴任.「生命誌」概念を提唱して,93年「JT生命誌研究館」を創設,2002年より館長.06年水俣病50年の地元催しで講演.『科学者が人間であること』など著書多数.

若松英輔(わかまつ えいすけ)
批評家.1968年新潟県に生まれる.慶應義塾大学文学部卒業.2007年評論「越知保夫とその時代――求道の文学」で三田文学新人賞.18年詩集『見えない涙』で詩歌文学館賞を受賞.井筒俊彦論や死者論などで近代日本精神史を再考.14年水俣セミナーで講演.『魂にふれる大震災と,生きている死者』『悲しみの秘儀』など著書多数.

奥田愛基(おくだ あき)
SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)創設メンバー.1992年福岡県に生まれる.2014年明治学院大学在学中に特定秘密保護法反対の運動を始め,15年SEALDsによる安保法反対の国会前デモには毎週多くの市民が参加.参議院で公述人を務める.市民のためのシンクタンクReDEMOSを設立.著書に『変える』など.

実川悠太(じつかわ ゆうた)
水俣フォーラム代表.1954年東京都に生まれる.72年より水俣病患者の支援運動に参加.制作プロダクション勤務をへてフリーランスで書籍編集.83年より水俣病関連訴訟の弁護団事務局.89年「水俣病歴史考証館」の展示制作スタッフ.94年に「水俣・東京展」の開催を呼びかけ同実行委員会事務局長.96年開催の翌年改組改称し2001年法人化.15年理事長となる.

書評情報

読売新聞(朝刊) 2018年6月10日
東京新聞(朝刊) 2018年5月30日
北海道新聞(朝刊) 2018年5月27日
西日本新聞 2018年5月1日
熊本日日新聞 2018年4月30日
読売新聞(朝刊) 2018年4月28日

関連書籍

ページトップへ戻る