人生の帰趣

「霊性」を探求,「光明主義」を唱えた近代日本の仏教家の代表作(注解=藤堂俊英,解説=若松英輔,解題=大南龍昇).

人生の帰趣
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 山崎 弁栄
通し番号 青N119-1
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 青(東洋思想)
刊行日 2018/04/17
ISBN 9784003811917
Cコード 0115
体裁 文庫 ・ 528頁
定価 本体1,260円+税
在庫 在庫あり
山崎弁栄(1859─1920)は,浄土宗の近代化に止まらず,釈尊の教えに遡源し,さらにキリスト教,西洋思想をも包括・統合して,宗教の根源である「霊性」を追究,「光明主義」を唱えた近代日本の代表的な仏教思想家.弁栄の代表作『人生の帰趣』に,初めての注解,解説を付して文庫化する.(注解=藤堂俊英,解説=若松英輔,解題=大南龍昇)
凡 例
弁栄聖人略伝

【前 編】
第一章 人生の帰趣
第二章 大ミオヤ
第三章 光 明

【後 編】
第四章 安 心
第五章 念仏三昧
第六章 光明生活

 和歌/感謝の歌/念仏七覚支

注 解……………(藤堂俊英)
解 説……………(若松英輔)
解 題……………(大南龍昇)
年 譜
山崎弁栄遺稿一覧
主要参考文献
人名索引
ページトップへ戻る