ルポ 保育格差

保育所は選べないのに,運次第でこんなに差がつくとは! 問題は待機児童だけじゃない! 知られざる実態.

ルポ 保育格差
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 小林 美希
通し番号 新赤版 1712
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 社会
刊行日 2018/04/20
ISBN 9784004317128
Cコード 0236
体裁 新書 ・ 256頁
定価 本体840円+税
在庫 在庫あり
依然として解消されない待機児童問題.しかし,どこでも入れればいいというはずはない.果たして中でどのような保育が行われているのか.園によって大きな違いがあるのはなぜなのか.さらに,卒園後の学童保育での実態はどうなっているのか? 事実上,保育所は選べないなか,運次第で受けられる保育の質に格差があっていいのか.
まえがき

第1章 どの保育園に入るかで大違い
 虐待の横行する現場/「私,あの子,無理だから!」/一日中テレビを見ている園児たち/はき違えられた「親育て」・「親支援」/どこに相談すればいいのか/「天国から地獄」へ/「育休中の方は登園しないでください」/幼保一体型施設内の格差/隠れ保育料
 【コラム①】 保育業界用語一覧
 【コラム②】 ものは言いよう

第2章 事業としての保育園――なぜ保育士の処遇改善が進まないのか
 どこまで人件費を切り詰めるのか/園長の口癖は「お金がない」/人件費比率の示すもの/企業の言い分/「横浜方式」はブラック保育所を増やす?/社会福祉法人の人件費ランキング/社会福祉法人それぞれの説明/見るべきは保育者人件費比率/「処遇改善」の実際/低賃金の背景と構造/「保育」にお金が回っていない!/相次ぐ事故や不祥事/人件費は人件費として

第3章 甘い需要予測――なぜ待機児童は減らないのか
 適当な「あんばい」?/そもそも育休が取れない/“公務員”といっても……/マタハラの実態/「〇歳児保育を増やしたくない」/“正社員”といっても……/親のワークライフバランスは

第4章 学童保育は「子どもの居場所」になっているか
 ある学童の現場から/将来の展望が見えない/正職員にのしかかる負担/あの手この手で/声を出して笑ってもらえる居場所/指導員に求める資質/発達障がい児とどう向き合うか/小学校よりも長い時間を過ごす場所
 【1】 そもそも学童とは
 【2】 学童の実施状況は?

第5章 安心して預けられる保育所とは?
 一斉保育からの大転換/必要でないことなど何もない/柔軟性が大事/専門性をもって子どもを見ること/実家のようなところ/家族が幸せでなければ子どもは幸せにならない/保育園時代くらい,天国であってほしい

第6章 保育格差をなくすために
 「保育所保育指針」に込められたメッセージ/「子育て安心プラン」/自治体格差/公立から私立へ,正規から非正規へ/「新制度自体が格差ある制度」/始まった企業主導型保育/「保育士」から「保育人材」へのスリカエ/素人同然の企業が参入/命を落としても,なお規制緩和?/事故防止のために/「福祉の本質が保育にある」/子どもの最善の利益を考える

あとがき
小林美希(こばやし みき)
1975年茨城県生まれ.水戸第一高校,神戸大学法学部卒業後,株式新聞社,毎日新聞社『エコノミスト』編集部記者を経て,2007年よりフリーのジャーナリスト.若者の雇用,結婚,出産・育児と就業継続などの問題を中心に活躍.2013年,「「子供を産ませない社会」の構造とマタニティハラスメントに関する一連の報道」で貧困ジャーナリズム賞受賞.著書に『ルポ正社員になりたい』(影書房,2007年,日本労働ペンクラブ賞受賞),『ルポ“正社員”の若者たち』(岩波書店,2008年),『看護崩壊』(アスキー新書,2011年),『ルポ 職場流産』(岩波書店,2011年),『ルポ 産ませない社会』(河出書房新社,2013年),『ルポ 母子家庭』(ちくま新書,2015年),『夫に死んでほしい妻たち』(朝日新書,2016年),『ルポ 看護の質』(岩波新書,2016年)など.

書評情報

朝日新聞(朝刊) 2018年6月16日
日本経済新聞(朝刊) 2018年6月2日
ページトップへ戻る