続 律令国家と古代の社会

日本の古代史研究に大きな足跡をのこす著者の遺稿を編む.前論文集刊行から35年,ついに結実する必読の一書.

続 律令国家と古代の社会
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 吉田 孝
ジャンル 書籍 > 単行本 > 歴史
刊行日 2018/05/25
ISBN 9784000237352
Cコード 3021
体裁 A5 ・ 上製 ・ 函入 ・ 384頁
定価 本体9,400円+税
在庫 在庫あり
日本の古代史研究に大きな足跡をのこした著者の,今なお必読の文献とされる遺稿を編む.1960年代の「雑徭」の論文から,90年代に書かれた8世紀・9世紀の通史まで,緻密な考証と斬新な発想を備えた吉田史学の魅力を多面的に伝える.前論文集の刊行から35年を経てついに結実.(解説=大津透)
Ⅰ 律令国家形成の時代
 律令国家の形成と東アジア世界
 八世紀の日本――律令国家
 九世紀の日本――平安京の新しい世界

Ⅱ 古代社会の成り立ち――ウヂ・イヘ・タトコロ
 古代社会における「ウヂ」
 ウヂとイヘ
 祖名について
 律令国家と荘園――律令制と庄
 トコロ覚書

Ⅲ 律令と格
 律令と格
 律令における雑徭の規定とその解釈
 雑徭と古記
 類聚三代格
 名例律継受の諸段階
 書評 律令研究会編『訳註日本律令 二・三 律本文篇上巻・下巻』

解 説(大津 透)
吉田孝(よしだ たかし)
1933年5月- 2016年12月.1958年東京大学文学部国史学科卒業.山梨大学教育学部教授,青山学院大学文学部教授などを歴任.専攻は日本古代史.
著書―『律令国家と古代の社会』岩波書店,1983年/『大系日本の歴史3 古代国家の歩み』小学館,1988年/『日本の誕生』岩波新書,1997年『飛鳥・奈良時代 日本の歴史〈2〉』岩波ジュニア新書,1999年/『歴史のなかの天皇』岩波新書,2006年 ほか多数

【編集,校閲,解説】
大津 透(おおつ とおる)
1960年生.東京大学大学院人文社会系研究科教授.専攻は日本古代史.
著書―『律令国家支配構造の研究』岩波書店,1993年/『古代の天皇制』岩波書店,1999年/『日唐律令制の財政構造』岩波書店,2006年/『 天皇の歴史1 神話から歴史へ』講談社,2010[講談社学術文庫,2017年] ほか多数
ページトップへ戻る