追跡 日米地位協定と基地公害

「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて

地球最大の環境破壊者,米軍.沖縄や横須賀基地などの知られざる汚染を暴く,衝撃のルポ.

追跡 日米地位協定と基地公害
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 ジョン・ミッチェル , 阿部 小涼
ジャンル 書籍 > 単行本 > 政治
刊行日 2018/05/29
ISBN 9784000014090
Cコード 0031
体裁 四六 ・ 並製 ・ カバー ・ 208頁
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
地球最大の環境破壊者,米軍.その基地はダイオキシンや核物質で高濃度に汚染されている.環境意識の高まりから米国内や他国では浄化に乗り出す一方,日本では地位協定が基地公害を隠蔽する.沖縄や横須賀基地などの知られざる汚染を暴く,衝撃のルポ.


第1章 米軍 地球でいちばんの汚染者
第2章 太平洋のジャンクヒープ(クズ鉄山)
第3章 沖縄にあった米国の大量破壊兵器
第4章 ひび割れた法制度,毒入りの土地返還
第5章 今も続く沖縄米海兵隊による汚染
第6章 アジア最大の空軍基地 嘉手納の米軍公害
第7章 日本本土の米軍公害
第8章 軍事公害の今日と明日,前に進むために

訳者あとがき
ジョン・ミッチェル(Jon Mitchell)
1974年ウェールズ生まれ.調査報道ジャーナリスト,沖縄タイムス特約通信員.明治学院大学国際平和研究所研究員,東京工業大学非常勤講師.
日本外国特派員協会「報道の自由・報道功労賞」Freedom of Press Lifetime Achievement Award 受賞.沖縄タイムス,琉球新報,The Japan Times,毎日新聞,朝日新聞,東京新聞,テレビ朝日,日本テレビ,TBSなど多くの報道機関に寄稿,出演.
著書に『追跡・沖縄の枯れ葉剤――埋もれた戦争犯罪を掘り起こす』(高文研)がある.

【訳者】
阿部小涼(あべ こすず)
琉球大学法文学部教授.国際関係論.

書評情報

ジャーナリスト 第725号(2018年8月25日)
毎日新聞(夕刊) 2018年7月31日
ページトップへ戻る