世界の海へ,シャチを追え!

深い家族愛で結ばれた海の王者の意外な素顔を,臨場感あふれる美しい文章でつづる.カラー口絵16頁.

世界の海へ,シャチを追え!
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 水口 博也
通し番号 872
ジャンル 書籍 > 岩波ジュニア新書 > 生物・化学・環境
刊行日 2018/05/22
ISBN 9784005008728
Cコード 0245
体裁 新書 ・ 192頁
定価 本体940円+税
在庫 在庫あり
海の王者・シャチ.深い家族愛で結ばれた意外な素顔や,親から子へと受け継がれる狩り,そして彼らをとりまく雄大な自然と人が引き起こす環境問題…….知床,カナダ,アラスカ,アルゼンチン,ノルウェーなど,彼らを追って世界を旅する著者が,映像が目に浮かぶような臨場感あふれる文章でつづります.〔カラー口絵16頁〕
プロローグ 北海道の海から
 知床半島沿岸/シャチという動物

第1章 おばあさんシャチとその家族――カナダの海から
 ジョンストン海峡/シャチとの出会い/シャチの潮ふき/古くから人びとに見られてきたシャチ/一頭一頭を知る試み/ニコラの家族/家族の団らん/海藻の森/海中での出会い/別のくらしをするシャチ/ニコラの死と新しい家族/海峡を去る日/海峡のその後

第2章 豊かな海をおそった悲劇――アラスカのシャチ
 プリンス・ウィリアム湾/原油流出事故/南東アラスカへ/シャチとたわむれるイシイルカ/トランジエントのシャチ/イルカをおそう/プリンス・ウィリアム湾ふたたび/ABポッドの運命/プリンス・ウィリアム湾のトランジエント/ATグループに未来はあるか

第3章 食うものと,食われるものと――地球の裏側から
 アルゼンチン,バルデス半島/北の岬プンタ・ノルテ/シャチ出現/メルとベルナルド/水路で遊ぶ子どもたち/食うものと食われるものと/ふたたびバルデス半島へ/新たな出会い/うけつがれる狩り

第4章 特別な狩りをうけついで――極北のシャチ
 ノルウェーのフィヨルドから/ティスフィヨルド/シャチたちの狩り/狩りのテクニック/北大西洋のシャチ/新たな観察場所/海面下のシャチ/学びうけつぐ伝統

第5章 シャチたちの未来
 独特の文化,独特の伝統/シャチは一種か/北海道のシャチ/とりまく危機/母から子へ

あとがき
水口博也(みなくち ひろや)
1953年,大阪市生まれ.子どものころから海の動物に興味をもち,海での観察やスノーケリングをはじめる.京都大学理学部動物学科で海洋生物学を学んだあと,出版社に勤務.会社づとめのあいだも,しばしば海外に出かけ,シャチをはじめクジラの生態の観察と撮影をつづける.最初にひかれたのは,彼らの巨大さだったが,やがてシャチの家族が見せる細やかな行動や,好奇心の旺盛さのとりこになり,世界じゅうの海にシャチを追う.近年は,地球環境の変化にも興味をもち,北極,南極から熱帯降雨林での取材も多い.1991年に写真集『オルカアゲイン』で講談社出版文化賞写真賞,2000年に写真絵本『マッコウの歌――しろいおおきなともだち』で第五回日本絵本賞大賞受賞.

書評情報

日経サイエンス 2018年8月号
月刊ダイバー 2018年8月号
朝日中高生新聞 2018年6月24日
日経サイエンス 2018年8月号
現代化学 2018年7月号
ページトップへ戻る