寛容についての手紙

信仰を異にする人に,なぜ寛容であるべきか? 政教分離を打ち出し,後世に甚大な影響を与えた寛容論.

寛容についての手紙
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 ジョン・ロック , 加藤 節 , 李 静和
通し番号 白7-8
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 白(法律・政治)
刊行日 2018/06/15
ISBN 9784003400784
Cコード 0131
体裁 文庫 ・ 192頁
定価 本体660円+税
在庫 在庫あり
迫害,拷問,殺戮が,宗教の名によって横行した17世紀ヨーロッパ.信仰を異にする人びとへの「寛容」はなぜ護られるべきなのか? 本書は,この難問に対するロックの到達点.政治と宗教の役割を峻別し,人々の現世の利益を守るのは為政者の任務だが,魂の救済については宗教に委ねられる.後世に多大な影響を与えた「政教分離」の原典.
凡 例

寛容についての手紙

訳 註
解 説
あとがき
ページトップへ戻る