文選 詩篇 (三)

(全六冊)

『文選』詩編中の最大の部立「贈答」.友や家族への思慕や気遣い,権力者への訴えなど,多彩な心情がこめられた五十五首.

文選 詩篇 (三)
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 川合 康三 訳註 , 富永 一登 訳註 , 釜谷 武志 訳註 , 和田 英信 訳註 , 浅見 洋二 訳註 , 緑川 英樹 訳註
通し番号 赤45-3
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 赤(東洋文学)
刊行日 2018/07/18
ISBN 9784003204535
Cコード 0198
体裁 文庫 ・ 416頁
定価 本体1,020円+税
在庫 在庫あり
「離別して永く会うこと無し,手を執るは将た何れの時ぞ」.古より,人びとは折にふれて詩を贈り,贈られた.友や家族を懐かしみ気遣い励まし,孤独や苦衷を吐露し,あるいは権力者に対し恩顧や身の保全を願って…….『文選』詩編における最大の部立「贈答」.多彩な心情を綴る曹植・陸機らの55首を,行き届いた訳注とともに本冊に収録.(全6冊)
第三冊のはじめに
凡 例

巻二三 (詠懐,哀傷)贈答 一
 贈答 一
  コラム 建安七子

巻二四 贈答 二
 贈答 二
   コラム 陸機

巻二五 贈答 三
 贈答 三
  コラム 劉琨と盧諶

系 図
地 図


【全六冊の構成】
第一冊 巻一九(補亡,述徳,勧励),巻二〇(献詩,公讌,祖餞),巻二一(詠史)
第二冊 巻二一(詠史(続),百一,遊仙),巻二二(招隠,反招隠,遊覧),巻二三(詠懐,哀傷)
第三冊 巻二三(贈答一),巻二四(贈答二),巻二五(贈答三)
第四冊 巻二五(贈答三(続)),巻二六(贈答四,行旅上),巻二七(行旅下,軍戎,郊廟,楽府上)
第五冊 巻二八(楽府下,挽歌,雑歌),巻二九(雑詩上)
第六冊 巻三〇(雑詩下,雑擬上),巻三一(雑擬下)
ページトップへ戻る