離散群

群を幾何学的対象として捉え直し,双曲的群・オートマティック群・クライン群を柱に無限群の理論を解説.

離散群
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 大鹿 健一
ジャンル 書籍 > 岩波オンデマンドブックス > 数学
刊行日 2018/07/10
ISBN 9784007307843
Cコード 0041
体裁 A5 ・ 並製 ・ 212頁
定価 本体5,300円+税
在庫 オンデマンド制作

※この書籍はオンデマンド出版です。ご注文を頂いてからの製作となるため、お届けまで2~4週間程かかります。ご了承ください。

群を幾何学的対象として捉え直し,双曲的群・オートマティック群・クライン群を柱として無限群に関する理論を解説.理論の根底にある,負曲率の幾何学というべき思考法にもとづき群と空間の関係が明確になる.
ページトップへ戻る