電子書籍対応

虚偽自白を読み解く

供述心理学が解き明かす密室の磁場と虚偽自白の過程.自白を逆手に取り,無罪を勝ち取る道筋を示す.

虚偽自白を読み解く
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 浜田 寿美男
通し番号 新赤版 1733
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 法律
刊行日 2018/08/21
ISBN 9784004317333
Cコード 0232
体裁 新書 ・ 288頁
在庫 在庫あり
無実の人が罪を自白し,犯行内容を語ってしまう,そしてかつての自白を撤回する.体験したものにしかわからないその過程はどういうものか.足利事件,狭山事件,袴田事件(清水事件),日野町事件を実例に,虚偽自白を見抜き,むしろ,冤罪の温床にもなってきた自白という人証を逆手に取り,無罪を勝ち取る道筋を示す.
はじめに

第一章 虚偽自白とはどういうものか
 1 自白で立ち上がる事件
 2 足利事件と虚偽自白を読み解くための理論

第二章 自白への転落──足利・狭山・清水事件
 1 わずか一日での転落
 2 長期間の取調べの果てに
 3 まったく耳をかさない取調べ

第三章 自白内容の展開
 1 無実の人の「語れなさ」
 2 犯行内容が語れない
 3 大量の事実を語れない
 4 事後の「事実」から組み立てられた奇妙な自白
 5 「ありえない自白」をありうるかのように繕う
 6 現場検証で当てた「正解」──日野町事件
 7 犯行の「計画」を事後につくる──名張事件

第四章 自白の撤回──自白を弁明するとき
 1 自白の維持からその撤回まで
 2 かつての自白をどう弁明するか

おわりに 冤罪の深い根を断つために

あとがき
浜田寿美男(はまだ すみお)
1947年香川県に生まれる
1976年京都大学大学院文学研究科博士課程修了
現在─ 奈良女子大学名誉教授・立命館大学客員教授
専攻─ 発達心理学および法心理学
著書─『「私」とは何か』(講談社選書メチエ)/『自白の心理学』(岩波新書)/『自白の研究』(北大路書房)/『自白が無実を証明する』(北大路書房)/『子ども学序説』(岩波書店)/『〈子どもという自然〉と出会う』(ミネルヴァ書房)/『もうひとつの「帝銀事件」』(講談社選書メチエ)/『名張毒ぶどう酒事件 自白の罠を解く』(岩波書店)ほか

書評情報

週刊新潮 2018年10月11日号

電子書籍

価格は各電子書籍書店にてご確認ください

ページトップへ戻る