吉益東洞の研究

日本漢方創造の思想

江戸時代中期画期的な変革をなしとげた,吉益東洞の「漢方創造」の過程を,思想と臨床から明らかにする.

吉益東洞の研究
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 寺澤 捷年
ジャンル 書籍 > 岩波オンデマンドブックス > 歴史・地理
刊行日 2018/08/09
ISBN 9784007308017
Cコード 3021
体裁 A5 ・ 並製 ・ 276頁
定価 本体7,200円+税
在庫 オンデマンド制作

※この書籍はオンデマンド出版です。ご注文を頂いてからの製作となるため、お届けまで2~4週間程かかります。ご了承ください。

中国の伝統医学に源を発しながら,日本の「漢方」は江戸時代中期に大きな変革を遂げた.その変革の立役者吉益東洞が,どのようにして医療の革新を起こすにいたったのか.画期的な「漢方創造」の過程を明らかにする.
ページトップへ戻る