環境と公害 第48巻第1号

【特集】福島原発事故の被災地・被災者の救済に向けて/欧州における地域からのエネルギー転換の最前線

環境と公害 第48巻第1号
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンル 雑誌 > 環境と公害
刊行日 2018/07/25
雑誌コード 0376107
体裁 B5 ・ 72頁

リレー・エッセイ

国際輸送分野の温暖化対策

〈特集①〉東日本大震災と原発事故〈シリーズ31〉:福島原発事故の被災地・被災者の救済に向けて

特集にあたって
東電原発放射能公害から7年,求められるもの――不条理と例外状態の続く,飯舘村の視座から
糸長浩司
京都訴訟判決の評価と課題――京都地裁平成30年3月15日判決
田辺保雄
福島原発被害東京訴訟の東京地裁判決の評価と課題――4たび国の加害責任を認め,損害論も前進するが,まだ道のり半ば
中川素充
いわき支部「避難者訴訟」判決の評価と課題――「指針」の否定と帰還政策への追従
米倉 勉

〈特集②〉欧州における地域からのエネルギー転換の最前線

再生可能エネルギーの市場化と地域貢献をめぐる課題――ドイツの市民風力発電事業を事例として
山下英俊・渡辺重夫
>>>冒頭ページ公開中[PDF:457KB]
欧州におけるエネルギー協同組合の実態と意義
寺林暁良
再生可能エネルギーの市場化と自治体エネルギー政策の対応――ドイツのシュタットベルケの取組みを事例として
藤井康平
フェルトハイムの現実とその評価――再生可能エネルギー事業の先進事例を捉え直す
寺林暁良・渡辺重夫・藤井康平・西林勝吾
方法としての年表が明らかにするもの――『原発災害・避難年表』の編集を終えて
堀川三郎

〈投稿論文〉

オーストリアにおける農業環境政策と農林業所得
石倉 研

〈事例研究〉

エムシャー川再自然化事業――エムシャー水管理組合の新たな取組み
西林勝吾・渡辺重夫・寺林暁良

〈会議動向〉

COP23の結果とCOP24に向けた課題――パリ協定の実効的な実施をめざして
高村ゆかり

〈書評〉

鈴木達治郎著『核兵器と原発――日本が抱える「核」のジレンマ』
鮎川ゆりか
都市学の創始者柴田徳衛さんを偲ぶ
宮本憲一
英文目次・編集後記
淡路剛久/磯崎博司/礒野弥生/井上 真/氏川恵次/大久保規子/大坂恵里/大島堅一/大森正之/尾崎寛直/窪田亜矢/佐無田光/下山憲治/高村ゆかり/辻内琢也/寺西俊一/永井 進/中島直人/中村剛治郎/西村幸夫/野田浩二/長谷川公一/羽山伸一/原科幸彦/保母武彦/堀畑まなみ/宮本憲一/村山武彦/山崎圭一/山下英俊/除本理史/吉村良一/リック・デーヴィス(五十音順)
ページトップへ戻る