またの名をグレイス (上)

実際の殺人事件を素材に,巧みな心理両者によって,人間存在の根源を問いかける.

またの名をグレイス (上)
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 マーガレット・アトウッド , 佐藤 アヤ子
通し番号 文芸301
ジャンル 書籍 > 岩波現代文庫 > 文芸
刊行日 2018/09/14
ISBN 9784006023010
Cコード 0197
体裁 A6 ・ 並製 ・ カバー ・ 384頁
定価 本体1,160円+税
在庫 在庫あり
殺人事件で犯人とされた美女は「魔性の女」だったのか,歴史の犠牲者だったのか.19世紀カナダで起き,当時世界中で話題となった殺人事件の記録を素材に,巧みな心理描写を織りこみながら,ミステリー仕立てに,人間存在の根源を鋭く問いかける.ノーベル文学賞候補ともいわれるアトウッドの傑作.(全2冊)
I  ギザギザの縁
II  石ころだらけの苦難の道
III 隅っこの猫
IV  若い男の夢想
V  割れた皿
VI  秘密の引出し
VII スネーク・フェンス


〈下巻目次〉
VIII 狐と雁
IX  心臓と臓物
X  湖の麗人
XI  伐り倒される木々
XII  ソロモンの神殿
XIII パンドラの箱
XIV  Ⅹの文字
XV  楽園の木

作者あとがき
訳者あとがき――「真実とは時として,知ることができないもの」
岩波現代文庫版のための後記
マーガレット・アトウッド(Margaret Atwood)
一九三九年生まれ,カナダを代表する作家・詩人.作品は世界各国で翻訳され,カナダ総督文学賞,ブッカー賞など数多くの文学賞を受賞.邦訳書に『侍女の物語』,『昏き目の暗殺者』,『洪水の年』など.

佐藤アヤ子(さとう あやこ)
明治学院大学名誉教授.日本カナダ文学会会長.日本ペンクラブ常務理事.英語圏文学.訳書に,アトウッド『寝盗る女』(上・下)(共訳), 同『負債と報い 豊かさの影』,ハイウェイ『ドライリップスなんてカプスケイシングに追っ払っちまえ』など.
ページトップへ戻る