新刊

鹿児島戦争記

実録 西南戦争

西南戦争の発端から西郷の死までの八カ月間を、日々の新聞報道を元にまとめ直した絵入り読み物。対峙を克明に描く。

鹿児島戦争記
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 篠田 仙果 , 松本 常彦 校注
通し番号 緑216-1
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 緑(現代日本文学)
刊行日 2018/09/14
ISBN 9784003121610
Cコード 0193
体裁 文庫 ・ 160頁
定価 本体480円+税
在庫 在庫あり
明治10年1月末,西郷隆盛を担ぎ鹿児島・私学校の生徒たちが蜂起した.西南戦争の始まりである.新政府に不満をもつ士族らの大規模な反乱は,8カ月後の西郷の死まで,日々新聞で報じられた.それらを元にまとめ直し,絵入りの読み物として出版したのが本書である.西郷らと官軍との対峙を講談調で生きいきと描き,興味深い.
凡 例
各編梗概
地 図

鹿児島戦争記


主要人名一覧
[解説] 鹿児島実録と篠田仙果のことども…………松本常彦
ページトップへ戻る