新刊

魔法の庭・空を見上げる部族

他十四篇

速さ,透明性,具体性,簡潔性,軽さ――カルヴィーノ文学の特質すべてがここにある! 初期短篇集.

魔法の庭・空を見上げる部族
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 カルヴィーノ , 和田 忠彦
通し番号 赤709-7
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 赤(外国文学/ギリシア・ラテン)
刊行日 2018/09/14
ISBN 9784003270974
Cコード 0197
体裁 文庫 ・ 256頁
定価 本体720円+税
在庫 在庫あり
まだカルヴィーノが作家の方向性を模索しながら,編集者,ジャーナリストとしても活躍していた時期の初期短篇集.子どもたちの海遊び,戦争ごっこや冒険,憎みきれない菓子泥棒,空を行き交うミサイルを見上げる原始部族など,ユーモラスな寓話世界が次つぎと語られる.速さ,透明性,具体性,簡潔性,軽さ――カルヴィーノ文学の特質のすべてがここにある!
街に吹く風
愛――故郷を遠く離れて
菓子泥棒
小道の恐怖
蟹だらけの船
うまくやれよ
魔法の庭
猫と警官
動物たちの森
だれも知らなかった
大きな魚,小さな魚
楽しみはつづかない
不実の村
アンティル諸島の大凪
空を見上げる部族
ある夜のスコットランド貴族の独白

《解説》ふりそそぐ光のなかで(和田忠彦)
ページトップへ戻る