新刊

源氏物語 (四)

玉鬘-真木柱

いかなる筋を尋ね来つらむ――夕顔の遺児,玉鬘の運命は….精緻な原文と注解で読む「玉鬘十帖」. (全九冊)

源氏物語 (四)
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 柳井 滋 校注 , 室伏 信助 校注 , 大朝 雄二 校注 , 鈴木 日出男 校注 , 藤井 貞和 校注 , 今西 祐一郎 校注
通し番号 黄15-13
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 黄(日本文学)
刊行日 2018/09/14
ISBN 9784003510186
Cコード 0193
体裁 文庫 ・ 656頁
定価 本体1,380円+税
在庫 在庫あり
いかなる筋を尋ね来つらむ――夕顔とかつての頭中将の遺児である玉鬘は初瀬観音の加護により,源氏に引き取られ,男達の心をかき乱す存在となってゆく…….山吹の花に喩えられる美貌の彼女は一体どこに落ち着くのか? 精密な原文と最新の研究を反映した注解を付した「玉鬘十帖」(玉鬘から真木柱まで)を収録.(全九冊)
凡 例

玉鬘(たまかづら)
初音(はつね)
胡蝶(こてふ)
蛍(ほたる)
常夏(とこなつ)
篝火(かゞりび)
野分(のわき)
行幸(みゆき)
藤袴(ふぢばかま)
真木柱(まきばしら)

付 図
解 説 六条院とは何か(今井久代)


【全巻の構成】
桐壺 帚木 空蟬 夕顔 若紫 末摘花 (以上,本文庫第一分冊)
紅葉賀 花宴 葵 賢木 花散里 須磨 明石 (第二分冊)
澪標 蓬生 関屋 絵合 松風 薄雲 朝顔 少女 (第三分冊)
玉鬘 初音 胡蝶 蛍 常夏 篝火 野分 行幸 藤袴 真木柱 (第四分冊)
梅枝 藤裏葉 若菜・上 若菜・下 (第五分冊)
柏木 横笛 鈴虫 夕霧 御法 幻 (第六分冊)
匂兵部卿 紅梅 竹河 橋姫 椎本 総角 (第七分冊)
早蕨 宿木 東屋 浮舟 (第八分冊)
蜻蛉 手習 夢浮橋 (第九分冊)
ページトップへ戻る