新刊

魔女のむすこたち

陽気な兄弟が子どもたちと奇想天外な冒険の旅に出ます.挿絵ヨゼフ・チャペック.

魔女のむすこたち
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 カレル・ポラーチェク , 小野田 澄子
通し番号 246
ジャンル 書籍 > 児童書 > 岩波少年文庫
対象年齢 > 小学3・4年から
刊行日 2018/09/14
ISBN 9784001142464
Cコード 8397
体裁 B6変 ・ 並製 ・ カバー ・ 304頁
定価 本体720円+税
在庫 在庫あり
ふとっちょエドダントとやせっぽちフランチモルは,陽気でたのもしい兄弟.ある日,子どもたちを魔法のほうきに乗せて出かけた遠足が,まさかの大冒険に!山賊にとらわれたり,妖精に出会ったり,人食い王の胃痛を治したり…,とんでもないできごとが次々に起こります.ゆかいな挿絵はヨゼフ・チャペック.〔解説・山田詩子〕
1 魔女とそのむすこたち
2 エドダントとフランチモル かんとく官に出会う
3 きょうだいたち学校で魔法を使う
4 魔法のほうきにのって遠足
5 動物たち,魔法にかけられる
6 山賊のすみかの生徒たち
7 妖精の女王さまとあらそう
8 フットボールの大勝利とカパスキー氏
9 カッパ帝国,カパスキー氏のおもてなし
10 山賊の裏切りで,エドダントとフランチモル牢屋にはいる
11 山賊ども,小学生を追跡する
12 かりうどピストール氏とたいほされた山賊
13 牢屋にはいった山賊たち
14 犬の町での冒険
15 エドダントとフランチモル,給仕になる
16 フランチモル,なぞの失踪
17 木の上の食堂――人食い王のこと
18 陳情団,ハラデルブム王宮へ出発
19 王女ベシエ号船長,シンデール・ビル
20 ハラデルブム王,痛がる
21 シマンドルくんのいたずら
22 エドダントとフランチモルの幸運な出会い
23 王女ビタミーンカと王女サイホーンカ
24 悪魔につぶされた結婚式
25 冒険旅行めでたくおわる

訳者あとがき
この本を読みおえたみなさんへ  山田詩子

さし絵 ヨゼフ・チャペック
カレル・ポラーチェク(1892-1945)
チェコの東ボヘミア地方出身のユダヤ系チェコ人作家.物語を書くのが得意な少年だった.故郷リフノフ,プラハの学校で落第をくりかえし,職を転々と変えるが,ヨゼフ・チャペックに誘われ,諷刺雑誌『ネボイサ』に短篇を寄稿しはじめる.その後『人民新聞』に入り活躍する一方で,作家として社会批判に満ちたユーモア小説を執筆する.1943年に強制収容所に送られても文芸活動を続けていたが,1945年1月に亡くなったといわれる.戦後見つかった,故郷での子ども時代を思いつづった原稿が『ぼくらはわんぱく5人組』として出版された.


[訳者]
小野田澄子(おのだ すみこ)(1938‒2013)
静岡県生まれ.翻訳家.静岡大学英文科卒.中学校教諭を経て,プラハへ渡り19 年間を過ごす.カレル大学文学部チェコ文学科に在籍.ヨゼフ・ラダ『黒ねこミケシュのぼうけん』,ポラーチェク『ぼくらはわんぱく5 人組』(以上,岩波書店)など,チェコの児童文学の翻訳を手がけた.
ページトップへ戻る