新刊
これから出る本

素数の未解決問題がもうすぐ解けるかもしれない.

差が2の素数の組「双子の素数」は無数にあるのか? 全世界を巻き込んだ共同研究の行方を追う.

素数の未解決問題がもうすぐ解けるかもしれない.
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 ヴィッキー・ニール , 千葉 敏生
ジャンル 書籍 > 自然科学書 > 数学
刊行日 2018/10/25
ISBN 9784000056205
Cコード 0041
体裁 四六 ・ 並製 ・ カバー ・ 240頁
定価 本体2,100円+税
在庫 未刊・予約受付中
「間隔が○○以下の素数のペアは無数にある」.さて○○に入るのは?7000万,4680、そして600…….はたして数学者たちは,双子素数予想の「2」にたどり着けるのか.ゴールドバッハ予想,フェルマーの最終定理など,周辺のさまざまな問題に寄り道しつつ,全世界を巻き込んだ共同研究の行方を追う.
ページトップへ戻る