新刊
これから出る本

日本中世生業史論

自然界より資源を獲得する営みとしての「生業」から社会全体を見通す生業史論.研究の到達点と広がりを示す.

日本中世生業史論
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 春田 直紀
ジャンル 書籍 > 単行本 > 歴史
刊行日 2018/10/30
ISBN 9784000612715
Cコード 3021
体裁 A5 ・ 上製 ・ カバー ・ 304頁
定価 本体7,600円+税
在庫 未刊・予約受付中
自然界より資源を獲得する営みが生活や社会の基礎をつくり,その営みが相互に連環することで社会全体が動いてゆく――様々な「生業」を鍵概念として社会全体のあり方を見通すことを提唱する生業史研究を牽引してきた著者の主要な論考を一冊にまとめる.生業史研究の到達点と広がりを示すとともに,今後の課題を提示する.
ページトップへ戻る