新刊

文選 詩篇(四)

三国志の英雄曹操の豪放な歌,陶淵明の内奥のつぶやき,山水詩人謝霊運の山水詩など,中国古典詩の精華七十三首.(全六冊)

文選 詩篇(四)
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 川合 康三 訳注 , 富永 一登 訳注 , 釜谷 武志 訳注 , 和田 英信 訳注 , 浅見 洋二 訳注 , 緑川 英樹 訳注
通し番号 赤45-4
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 赤(東洋文学)
刊行日 2018/10/16
ISBN 9784003204542
Cコード 0198
体裁 文庫 ・ 448頁
定価 本体1,070円+税
在庫 在庫あり
「酒に対して当(まさ)に歌うべし,人生 幾何(いくばく)ぞ」.三国志の英雄曹操は,文学の新時代を切り開いた詩人でもあった.豪放な詠いぶりは武人としての生涯とも重なる.清新な風景描写の中に深い思弁を込めた謝霊運の山水詩,官を捨て自己本来の生き方を模索した陶淵明の隠逸詩など,いずれも後世の文学の範となる七十三首を収録.(全六冊)
ページトップへ戻る