新刊

武蔵野をよむ

120年前の名短篇,国木田独歩「武蔵野」を,冒険的に探究.近代のなりたちの風景と現代への問い.

武蔵野をよむ
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 赤坂 憲雄
通し番号 新赤版 1740
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 随筆
刊行日 2018/10/19
ISBN 9784004317401
Cコード 0295
体裁 新書 ・ 240頁
定価 本体820円+税
在庫 在庫あり
国木田独歩「武蔵野」.26歳の青年が失恋の果てに綴った,120年前にして斬新なこの短篇には,近代日本のなりたちの風景が濃密に織り込まれていた.舞台は,〈恋愛〉や〈散歩〉が新鮮だった時代の,都市と農村がせめぎあう郊外.独歩の日記,古地図,植生や水利等の資料を駆使した,冒険的な探究.精読の先に浮かびあがる,現代への問い.
ページトップへ戻る