新刊
これから出る本
定本 漱石全集 18

漢詩文

漱石の文学の出発点には漢詩文があった.純粋に自分のためにつくり続けた,漢詩というもう一つの表現形式.

漢詩文
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンル 書籍 > シリーズ・講座・全集 > 定本 漱石全集
シリーズ 定本 漱石全集
刊行日 2018/10/26
ISBN 9784000928380
Cコード 0393
体裁 四六 ・ 上製 ・ 函入 ・ 624頁
定価 本体4,600円+税
在庫 未刊・予約受付中
漱石の文学の出発点には漢詩文があった.少年時代は漢籍を好んで学び,折にふれて漢詩をつくり続けた.漢詩は他人に読ませるためのものではなく,純粋に自分のための表現形式であったからだ.修善寺の大患直後には俳句とともに漢詩をつくり,最晩年「明暗」執筆期には日課として詩作した.生涯にわたる漢詩文を一巻に収める.
ページトップへ戻る