新刊
これから出る本

幸福の増税論

命とくらしを保障する「ベーシック・サービス」をすべての人に.財政と社会を改革し,未来を再建する.

幸福の増税論
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 井手 英策
通し番号 新赤版 1747
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 経済
刊行日 2018/11/20
ISBN 9784004317470
Cコード 0233
体裁 新書 ・ 256頁
定価 本体840円+税
在庫 未刊・予約受付中
なぜ日本では,「連帯の仕組み」であるはずの税がこれほどまでに嫌われるのか.すべての人たちの命とくらしが保障される温もりある社会を取り戻すために,あえて「増税」の必要性に切り込み,財政改革,社会改革の構想を大胆に提言する,著者渾身の一冊.税や財政のしくみを変えれば,これからの日本,社会は大きく変わる!
はじめに

第一章 鳴り響く「一億総勤労社会」の号砲
 勤勉にはたらき,倹約にはげむ/就労に追いこまれる社会/救済を強いられた人びとの怒り/はたらかざるもの食うべからず/左派にも支持された勤労ということば/勤労国家の誕生/勤労国家からの脱却の失敗/貯蓄がなければ人間らしく生きていけない/世帯収入四〇〇万円未満が五割の社会/まずしくなった僕たち

第二章 中の下の反乱――「置き去りにされた人たち」の怒り
 「再び成長を」という幻想/アベノミクスをどう評価するか/増えない設備投資/労働投入や生産性も限界/困っている人を救済する/価値を分かちあえない人間の群れ/まずしさを認めない日本社会/逆転する被害者と加害者/まじめに生きている人たちの思い/弱者がさらなる弱者をたたく/「置き去りにされた人たち」の怒り/「民意」としての弱者切り捨て

第三章 再分配革命――「頼りあえる社会」へ
 既得権をどのようになくすのか/「押しさげデモクラシー」の時代/なぜ人間は「ともに生きる」のか/財政の誕生/保障の原理からかけはなれた財政/ベーシック・サービスの提唱/人間のあつかいをお金では区別しない/左派からの批判に答える/いわゆる格差是正はどうなるのか/「頼りあえる社会」の提唱/新自由主義の「批判」から「無効化」へ

第四章 貯蓄ゼロでも不安ゼロの社会
 「ムダをなくす」では財政は再建できない/減税のために増税をする勤労国家/消費増税と租税抵抗/社会保障・税一体改革の失敗/税と貯蓄は同じコインの裏表/税をどれくらいあげるのか/負担の公平性/どの税をどのようにあげるのか/税をどのようにパッケージ化するか/「生の保障(life security)」へ――「尊厳ある生活保障」と「品位ある命の保障」/画期的だった全国市長会の「協働地域社会税」/分断社会を乗りこえるために

第五章 財政の転換をさまたげるもの
 消費税は格差を大きくするのではないか?/税と給付をセットで考える/中小企業の負担が大きくなるのではないか?/内部留保をまず吐き出させるべきだ/消費税は景気を悪くするのではないか?/なぜ消費税はあるのか?/ムダを削れば財源が出るのではないか?/防衛費と公共事業費はどうか?/防衛費の削減と増税を対立させない/信頼できない政府に税をはらうのか?/財政再建を優先すべきではないか?/なぜ危機になると日本国債が買われるのか?/バラマキじゃいけないのか?/税か,国債かという不毛な対立をこえる/ベーシック・インカムとどこがちがうのか?/社会主義ではないのか?

終 章 選択不能社会を終わらせる
 僕たちが生きる「縮減の世紀」/生きるため,くらすために必然的にささえあう/福祉国家のふたつの極――スウェーデンとアメリカ/家族の原理をどのように作りかえるのか/必要と欲望/抑えられる顕示的消費,すすむシェアリング・エコノミー/神奈川県にひろがる行政と住民の協働/企業にとっての利益と住民ニーズ/社会主義というひとつのバリエーション/歴史の転換点におきつつあること/福祉多元主義のなにがいけなかったのか/ソーシャル・ワークという希望/可能性への闘争

おわりに

主要参考文献第
井手英策(いで えいさく)
1972年福岡県久留米市生まれ.1995年東京大学経済学部卒業.2000年東京大学大学院経済学研究科博士課程を単位取得退学し,日本銀行金融研究所に勤務.東北学院大学,横浜国立大学などを経て,慶應義塾大学経済学部教授.専攻は財政社会学.
著書に『希望の構想――分権・社会保障・財政改革のトータルプラン』(共編,岩波書店,2006年),『財政赤字の淵源――寛容な社会の条件を考える』(有斐閣,2012年),『日本財政転換の指針』(岩波新書,2013年),『経済の時代の終焉』(岩波書店,2015年,大佛次郎論壇賞受賞),『分断社会を終わらせる――「だれもが受益者」という財政戦略』(共著,筑摩選書,2016年),『18歳からの格差論――日本に本当に必要なもの』(東洋経済新報社,2016年),『大人のための社会科――未来を語るために』(共著,有斐閣,2017年),『富山は日本のスウェーデン――変革する保守王国の謎を解く』(集英社新書,2018年)など.
ページトップへ戻る