会社情報

2018年の岩波書店は、広辞苑第7版の発売から始まります(1月12日発売)。
前回の改訂直後から10年にわたり、日々24万項目を各界の数多くの専門家の方々とともにコツコツと見直し、ある場合には表現を磨き、意味の変化、変容なども反映させ、さらに新たに立てる項目を収集・検討し、1万項目を加えました。これは「10年ぶり」と言うより、執筆者、協力者、編集者のたゆまぬ努力が「10年間積み重ねられた」改訂と言うべきでしょう。
「国語+百科」辞典の代名詞、国民的辞典と言われて、すでに久しい広辞苑。ぜひ本屋さんでお手にとってご覧ください。
また、2018年は岩波新書創刊80年にあたります。盧溝橋事件の翌1938年、中国との戦争が本格化していく事態を深く憂いた岩波書店の創業者・岩波茂雄は、時代の難問に立ち向かうための現代的教養を培うことを目指して、岩波新書を創刊しました。
以後、岩波新書はこの創刊の精神を受け継ぎつつ、赤版、青版、黄版、そして新赤版と、時代とともに歩んできました。現代の日本の世相が、偏狭な思想、排外主義、多様性の忌避、差別意識の蔓延など、どこか戦前・戦中に似たものとなっているなかで、岩波新書は「考える」力を養う材料を提供し続けます。
創刊80年の今年、私たちは「日本には、新書がある。」の標語を掲げ、多くの力作を準備しています。どうぞ、ご期待ください。
現代は大きな変化の時代。不安定が恒常化している時代です。事実に基づかない言葉や自国ファーストの政治が、世界を攪乱しています。そのなかで岩波書店は、たしかな言葉と学問・学術の力をこれからも発信してまいります。本年もよろしくお願いいたします。
2018年1月
代表取締役社長
岡本 厚

●お届け(送品)は、宅配便(ゆうパック)となります。

●商品の合計金額に送料が加わります。

●送料は1回のご注文につき一律380円とさせていただきます。

●配送時間は「午前」「12~14時」「14~16時」「16~18時」「18~20時」「20~21時」をお選びいただけます。

●ご注文受付後、7営業日内のお届けとなります(既刊書のみのご注文の場合)。ご注文に未刊の新刊が含まれる場合、全ての商品が揃い次第の発送となりますのでご注意ください。

●ご注文の書籍が品切、および価格変更になるケースがあります。その場合にはお電話にて確認のご連絡をいたしますが、記入された電話番号で連絡が取れない場合には、注文を取り消させていただきます。何卒ご了承ください。

●日本国外への発送はできません。

 

●クレジットカードでのお支払いのみのお取り扱いとさせていただきます。

●ご利用の際は、カードの種類(VISA・MASTER・JCB)、会員番号、有効期限をご確認のうえ、ご入力ください。

●郵便振替、代金引換(手数料200円付加)をご希望される場合には、お手数ですが下記ブックオーダー係まで直接ご注文くださいますようお願いいたします。

◆お支払い方法の変更について

 平素より小社ウェブサイトをご利用いただき誠にありがとうございます。

 これまでウェブサイトでの書籍のご購入におきましては、「クレジットカード」「郵便振替」「代金引換」のいずれかのお支払い方法をお選びいただいておりましたが、2016年12月7日より「クレジットカード」のみとさせていただきます。

 クレジットカード以外でのお支払い方法をご希望される場合は、下記のブックオーダー係に直接ご注文のうえ「郵便振替」「代金引換」をご指定いただくか、もしくはお近くの書店をご利用くださいますようお願い申し上げます。なお書店によっては、在庫の無い場合や取扱いのできない場合もあります。あらかじめご承知おきください。

 この度の変更により読者の皆様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

●本サイトで商品をご購入いただいた際、消費税の計算方式の都合上、クレジットカード会社からの請求金額と小社からの請求金額の間に、端数計算による数円単位の差が生じる場合があります。何卒ご了承ください。

●原則として返品はご容赦ください。下記の場合はお取り替えいたしかねます。

 1. 開封してある場合(CD-ROM等電子出版物の場合)

 2. 書き込み等のある場合

 3. お客様の責任で破損した場合

 4. 現品到着後11日以上経過した場合

●落丁・乱丁・品違い・破損本等があった場合は、お取り替えの手続きについてご説明させていだきますので、お手数ですが電話か問い合わせフォームにて事前のご連絡をお願いいたします。

●お客様のご都合でお取り替えする場合、返送料金はご負担いただきます。ご了承ください。

 

●書籍購入についてのお問い合わせは、岩波書店ブックオーダー係で承ります。

 

 岩波書店ブックオーダー係

 電話 049-287-5721  FAX 049-287-5742

 

●お問い合わせの際は、ご注文確認メールに記載されている受注番号をお知らせください。

●書籍購入以外のお問い合わせはご容赦ください。

●FAXは24時間受け付けております。

●お電話によるお問い合せは、月曜~金曜(祝日・社休日を除く)9:00~17:00とさせていただきます。

岩波書店は総合出版社であり,その出版活動は人文・社会科学,自然科学,芸術,文学,児童文学など,きわめて広い範囲に及んでいます.刊行物の形態も単行本,講座,全集,新書,文庫,辞典,電子出版と多彩です.

編集局では,これらの出版物を企画・立案し,著者と協力しながら,それぞれの刊行物にふさわしい内容を実現すべく編集していきます.私たちは,学問の成果を正確にわかりやすく伝え,時代の動きや読者の求めに迅速かつ的確に対応するとともに,これからの若い世代の心を豊かに育てていきたいと考えています.そのために,編集局は次のようにいくつもの編集部に分かれて,編集活動を積み重ねています.

○第一編集部 ○第二編集部 ○第三編集部 ○自然科学書編集部

学術的な専門書から,学問の成果を正確にわかりやすく伝える書物,さまざまな社会問題に迫る本,エッセイ,文芸書まで,幅広い編集活動を展開します.

○児童書編集部

絵本,児童文学,名作・古典を収める“岩波少年文庫”を編集し,子どもたちに読書の楽しみを伝えます.

○文庫編集部

“岩波文庫”に古今東西の古典を収めます.

○現代文庫編集部

現代の名著を広く発掘します.

○新書編集部

現代人の教養“岩波新書”を編集します.

○ジュニア新書編集部

若い世代の知性と感性と想像力を磨く新書を生み出します.

○世界編集部

現代の政治・経済・社会・文化を批評する月刊総合雑誌『世界』を編集します.

○辞典編集部

『広辞苑』をはじめ,語学,法律,自然科学,人文・社会科学など,正確で信頼度の高い辞典を作ります.

○デジタルコンテンツ事業部

電子書籍,DVD,CD-ROM製品,携帯電話への『広辞苑』の配信など,さまざまなデジタルコンテンツを製作します.
 制作局は岩波書店の生産部門を担当します.
製作部は編集局からの原稿を受けとり,どのような本にするか造本計画をたて,本文版面を設計し,イラスト・図版・表組の指定や装幀デザインを考えます.原稿が本に仕上げられていく進行工程のすべてを,印刷所や製本所と協力して管理していきます.原価計算や定価算定を行うのもこの部です.
校正部は文字どおり「校正」を担当します.書物に対する読者の信頼の基礎は,何よりその本に誤植・ミスプリントのないことです.内容を点検・確認し,より正確で完成度の高い書物に仕上げるため,編集者や製作者と,時には著者と綿密に協力しながら,校正スタッフは毎日校正刷に向かい,隅々まで目を通します.
 営業局は岩波書店の販売宣伝部門を担当します.
出版された1冊1冊の「本」の流通を担当し,読者にお届けします.個性的な1冊の「本」が,それを求める読者と出会う場をつくるため,書店と協力して店頭を充実させるよう,連日エネルギッシュに販売活動をしています.また,読者の皆さまと岩波書店をつなぐ窓口として,新聞・雑誌広告やホームページなどを作成し,出版情報を発信するだけでなく読者の皆さまのニーズを的確にとらえ,出版活動につなげています.
 総務局は社の出版活動全体を背後から支え,社の業務が日常的にスムーズにいくように努める仕事を担っています.
経理部は現金出納・印税・原稿料・諸経費の支払い,予算の作成,財務計画,決算業務などを行い,それらを通じて社内各部の動きを計数的にとらえていきます.
総務部は受付・電話案内を通じての著者・読者・関連業者との応接,人事関係・給与・保健衛生などの管理業務,建物管理をはじめとする営繕関係などの仕事を行っています.

 当社は,皆様から提供された個人情報について,その重要性を認識し,個人情報の保護に関する法律および関連法令等を遵守することにより,個人情報の適正な収集・利用・安全管理を目指し,その実現のために以下の事項に取組みます.

  1. 個人情報保護に関する規程を定め,当社役員をはじめ従業員に周知を徹底いたします.また,取引先等についても個人情報の取扱いについて法令等を遵守することを要請するとともに,必要に応じ監督・指導・協議をいたします.
  2. 個人情報管理責任者を置き,個人情報の取扱い等について安全管理体制を実効あるものといたします.
  3. 個人情報の収集に際しては,あらかじめ収集・利用目的をお知らせするとともに,その範囲における適正利用をいたします.
  4. ご提供いただいた個人情報は,法令による場合等正当な理由がある場合を除き,第三者へ提供することをいたしません.
  5. 個人情報の改ざん・漏洩・不正アクセス等を防止するために,人的・技術的に必要な措置を講じます.
  6. 個人情報をご提供いただいた本人から,開示・訂正・削除・利用停止の依頼を受けた場合は,迅速な処理を心がけ法令に則り速やかな対応をするようにいたします.
  7. 当社が策定した個人情報の安全管理等に関する規程や運用マニュアルについては,その実効性が継続されるよう従業員等に周知を行い,適宜見直し等の措置を講じて安全管理体制の維持に努めます.

※なお,個人情報保護法第50条第1項に規定されている,報道または著述の用に供する目的における個人情報の取扱いについては,このポリシーの対象となるものではありません.

 岩波書店は1913年,岩波茂雄によって創業され,1949年に株式会社に改組,2013年には創業百年を迎えました.

 創業の翌年に夏目漱石『こゝろ』を刊行したのを皮切りに活発な出版活動を展開し, 1927年には古今東西の古典の普及をめざして「岩波文庫」を, さらに1938年にはアクチュアルな問題に焦点をあわせた「岩波新書」を創刊します.

 第二次大戦中も時流に抗しつつ出版活動を続けますが, 総合出版社としての確たる地歩を築き上げたのは戦後といえるでしょう. 敗戦直後の1946年には総合雑誌『世界』を創刊, 1950年に「岩波少年文庫」, そして1955年には, その後国民的辞書と言われるほどの絶大な信頼を得ることになる『広辞苑』第一版を刊行するなど, 多方面にわたって出版の沃野を開拓してきました.戦前からの学術出版社としての高い評価は,『日本歴史』をはじめとする多くの講座や初めて日本の古典を集大成した「日本古典文学大系」などに受け継がれ, いっそう豊かな成果として結実しました. こうした旺盛な出版活動のなかで生まれた名著や話題書は枚挙に暇がありません.

 近年では,『広辞苑』のDVD-ROMや電子辞書などへの多メディア展開や,岩波現代文庫の創刊など,IT時代の先端を切り開き,時代の要請に応える出版活動をいっそう積極的に展開しています.

 

[略年表]
1913. 8 spacer 古書籍販売・出版の個人商店として開業
1914. 9 夏目漱石『こゝろ』刊行
1927. 7 「岩波文庫」創刊
1938. 11 「岩波新書」創刊
1946. 1 月刊総合雑誌『世界』創刊
1949. 4 株式会社に改組
1950. 12 「岩波少年文庫」創刊
1955. 5 『広辞苑』(第一版)刊行
1957. 5 「日本古典文学大系」刊行開始
1968. 4 「奈良六大寺大観」刊行開始
1970. 5 「日本思想大系」刊行開始
1979. 6 「岩波ジュニア新書」創刊
1987. 7 『広辞苑』(第三版)CD-ROM版発売
2000. 1 「岩波現代文庫」創刊

 

 

 

岩波書店SNSアカウント一覧です。

岩波書店 Twitter  
岩波書店営業部 Twitter  
自然科学書 Twitter  
児童書 Twitter Facebook
岩波文庫 Twitter Facebook
岩波新書 Twitter Facebook
岩波ジュニア新書 Twitter Facebook
雑誌『科学』 Twitter  
雑誌『世界』 Twitter  
『広辞苑』 Twitter Facebook
広辞苑大学 Twitter  
漱石プロジェクト Twitter Facebook
岩波BOOK CAFE Twitter  

現在、採用活動の予定はありません。
なお、年度途中の採用情報については、随時この欄でお知らせいたします。

「種まく人」のレリーフ 創業者岩波茂雄はミレーの種まきの絵をかりて岩波書店のマークとしました.茂雄は長野県諏訪の篤農家の出身で,「労働は神聖である」との考えを強く持ち,晴耕雨読の田園生活を好み,詩人ワーズワースの「低く暮し,高く思う」を社の精神としたいとの理念から選びました.マークは高村光太郎(詩人・彫刻家)によるメダル(左写真)をもとにしたエッチング. 「種まく人」のマーク
【会社名】 株式会社 岩波書店
【本  社】 〒101-8002 東京都千代田区一ツ橋2丁目5番5号
電話  番号案内  03-5210-4000
【社  長】 岡本 厚
【社員数】 140名
【創  業】 1913年8月5日
【会社設立】 1949年4月30日
【資本金】 9000万円

地図をクリックするとPDFファイルで表示されます

岩波書店案内図

株式会社岩波書店が運営するウェブサイト(以下、「本サイト」といいます)および本サイトに含まれる著作物は日本国法律およびベルヌ条約その他日本国が加盟している国際条約に準拠するものとします。 本サイトに掲載される情報に関して、利用者若しくは第三者との間で紛争が生じた場合、株式会社岩波書店は、小社サイトに入った情報の取扱について政府、裁判所、もしくは法執行機関の請求・要求に応じる判断をする権利を損なうものではありません。

 

◆著作権
本サイトで提供している著作物の著作権は株式会社岩波書店が保有もしくは管理しています。記事、写 真、表、図面、グラフなど、提供されるあらゆるかたちのコンテンツの一部または全部を著作権法第30条に規定する私的使用以外の目的で複製することは出来ません。たとえば、上記コンテンツの一部または全部を著作者の許諾を得ずにホームページに転載すれば著作権法違反になります。また、上記コンテンツの一部または全部を著作者の許諾を得ずに複製のうえ、社内のLANなどで配信することも違法行為となります。

 

◆免責事項
本サイトに掲載されているソフトウェア、ドキュメントを含む各種資料など全ての情報の内容について、株式会社岩波書店はいかなる保証を行うものではありません。万一、これらの情報に誤りがあった場合においても小社は一切の責任を負いかねます。また、これらの情報をお客様がご利用することで発生したトラブルや損失に対して、小社は一切責任を負いかねます。なお、本サイトの情報は、予告または通 知なしに更新または中止されることがありますので、あらかじめご承知ください。

 

◆コミュニケーション・サービスの使用
小社ウェブサイトには、お客様の固有のメッセージ並びに資料の投稿、送付および受領のためにのみ、「コミュニケーション・サービス」を設置しています。お客様は、「コミュニケーション・サービス」の使用にあたり、たとえば次のような事項(これらに限られません)をしてはならないものとします。

* 誹謗中傷等、他人の法的権利(プライバシーの権利やパブリシティー権等)の侵害。
* 不適切、低俗、有害、中傷的、侵害的、わいせつ、下品、児童ポルノその他の違法なトピック、名称、映像、マテリアルもしくは情報の発行。
* 知的所有権、プライバシーもしくはパブリシティーの権利等の法律により保護されているソフトウェアその他のマテリアルを含むファイルのアップロード。
* コンピュータ・ウィルスを含むファイル、ソフトウェアまたはプログラムのアップロード。
* 商業目的で商品またはサービスの販売もしくは購入の申込み、宣伝。
* 調査、コンテスト、ねずみ講またはチェーンレター行為、それらのフォワード。
* 相手の承諾なく、電子メールアドレスを含む他人の情報を収集。
* その他関連する法令等に違反する行為。 なお、小社は、「コミュニケーション・サービス」を監視する義務を負いません。しかし、小社は、「コミュニケーション・サービス」に投稿されたマテリアルをチェックし、小社の裁量 により、これらを除去する権利を留保します。小社は、いつでも、その理由を問わず、「コミュニケーション・サービス」の全部または一部に対するお客様のアクセスを終了させることができます。

 

◆Cookieの使用
お客様が小社ウェブサイトを利用する過程で、特定のユーザーに提示する広告やサイトの運営のために、小社がお客様の「集合情報」「Cookie 情報」を収集する場合があります。

 

◆商標
ここで言及されている現実の製品名あるいは会社名は、それぞれの保有者の商標もしくは登録商標です。

 

◆使用条件の改訂
株式会社岩波書店は、事前の予告なく本サイトの掲示内容を更新することによって、使用条件の改訂ができるものとします。お客様は、本サイトを使用するにあたり定期的に本頁を閲覧いただき、最新の使用条件をご確認くださるようお願い致します。

 

◆自動的に蓄積される情報
小社では、サーバーに自動的に蓄積される利用者のIPアドレスを、システムの障害解析や本サイトの管理に使用しています。

 

◆第三者へのリンク
本サイトには、他のウェブサイトへのリンクが含まれています。これらの「リンク先サイト」は小社の管理下にはなく、小社は、「リンク先サイト」の内容または「リンク先サイト」の変更、更新、または個人情報の取扱いについて責任を負うものではありません。また小社は、「リンク先サイト」から受信されるウェブキャスティングその他のいかなる形式の送信についても責任を負いません。小社は、お客様の便宜のためにのみかかるリンクを提供しており、かかるリンクの提供は、「リンク先サイト」の小社の推奨やその運営者と小社の関係を示唆するものではありません。

 

◆本サイト上で利用可能なソフトウェア
本サイトからダウンロード可能とされるソフトウェアは、小社またはその他供給者が著作権を有する著作物です。お客様による「ソフトウェア」の使用には、付属する「使用許諾条件」の各条項が適用されます。お客様は、かかる「使用許諾条件」を伴う「ソフトウェア」について、その「ライセンス契約書」の各条項に最初に同意することなく、これをインストール、使用することはできません。

ページトップへ戻る