各部の紹介

岩波書店は総合出版社であり,その出版活動は人文・社会科学,自然科学,芸術,文学,児童文学など,きわめて広い範囲に及んでいます.刊行物の形態も単行本,講座,全集,新書,文庫,辞典,電子出版と多彩です.

編集局では,これらの出版物を企画・立案し,著者と協力しながら,それぞれの刊行物にふさわしい内容を実現すべく編集していきます.私たちは,学問の成果を正確にわかりやすく伝え,時代の動きや読者の求めに迅速かつ的確に対応するとともに,これからの若い世代の心を豊かに育てていきたいと考えています.そのために,編集局は次のようにいくつもの編集部に分かれて,編集活動を積み重ねています.

○第一編集部 ○第二編集部 ○第三編集部 ○自然科学書編集部

学術的な専門書から,学問の成果を正確にわかりやすく伝える書物,さまざまな社会問題に迫る本,エッセイ,文芸書まで,幅広い編集活動を展開します.

○児童書編集部

絵本,児童文学,名作・古典を収める“岩波少年文庫”を編集し,子どもたちに読書の楽しみを伝えます.

○文庫編集部

“岩波文庫”に古今東西の古典を収めます.

○現代文庫編集部

現代の名著を広く発掘します.

○新書編集部

現代人の教養“岩波新書”を編集します.

○ジュニア新書編集部

若い世代の知性と感性と想像力を磨く新書を生み出します.

○世界編集部

現代の政治・経済・社会・文化を批評する月刊総合雑誌『世界』を編集します.

○辞典編集部

『広辞苑』をはじめ,語学,法律,自然科学,人文・社会科学など,正確で信頼度の高い辞典を作ります.

○デジタルコンテンツ事業部

電子書籍,DVD,CD-ROM製品,携帯電話への『広辞苑』の配信など,さまざまなデジタルコンテンツを製作します.
 制作局は岩波書店の生産部門を担当します.
製作部は編集局からの原稿を受けとり,どのような本にするか造本計画をたて,本文版面を設計し,イラスト・図版・表組の指定や装幀デザインを考えます.原稿が本に仕上げられていく進行工程のすべてを,印刷所や製本所と協力して管理していきます.原価計算や定価算定を行うのもこの部です.
校正部は文字どおり「校正」を担当します.書物に対する読者の信頼の基礎は,何よりその本に誤植・ミスプリントのないことです.内容を点検・確認し,より正確で完成度の高い書物に仕上げるため,編集者や製作者と,時には著者と綿密に協力しながら,校正スタッフは毎日校正刷に向かい,隅々まで目を通します.
 営業局は岩波書店の販売宣伝部門を担当します.
出版された1冊1冊の「本」の流通を担当し,読者にお届けします.個性的な1冊の「本」が,それを求める読者と出会う場をつくるため,書店と協力して店頭を充実させるよう,連日エネルギッシュに販売活動をしています.また,読者の皆さまと岩波書店をつなぐ窓口として,新聞・雑誌広告やホームページなどを作成し,出版情報を発信するだけでなく読者の皆さまのニーズを的確にとらえ,出版活動につなげています.
 総務局は社の出版活動全体を背後から支え,社の業務が日常的にスムーズにいくように努める仕事を担っています.
経理部は現金出納・印税・原稿料・諸経費の支払い,予算の作成,財務計画,決算業務などを行い,それらを通じて社内各部の動きを計数的にとらえていきます.
総務部は受付・電話案内を通じての著者・読者・関連業者との応接,人事関係・給与・保健衛生などの管理業務,建物管理をはじめとする営繕関係などの仕事を行っています.
ページトップへ戻る